検索

がんも身体の一部

手術、抗がん剤、放射線療法と、病院でありとあらゆる治療を行い、それでも一向に癌が良くならない、今度は東洋医学で何とかならないか・・・と相談に訪れる患者さまが沢山おられます。

その方たちは大抵、病院ではもう為す術がなくホスピスを薦められたような状態。

長く辛い治療で体はボロボロ、精神的にも相当参っているせいか、今まで治療を行ってきた病院への文句や、「なぜ自分は癌なんかになってしまったのだろう」と、ひとしきり文句と愚痴をお話になられます。

 亡父・安陪常正は、いつも黙ってそれを聴いていました。そして、ひと言。

「病気には必ず原因があって結果があります。あなたが癌になったのは、あなたがそういう生活をしていたから。

食事とか生活とか、何か無理はしていませんでしたか?」

そう尋ねると、やはり癌を患う方は、過去10年以内に大抵何かしら精神的・肉体的に相当な無理をしていた時期がおありになった方がほとんどでした。

そして父は続けます。

「癌は外からやって来たのではない。癌もあなたの体の一部、あなたの細胞のひとつ。

そんなに憎んで苛めてどうするの?

病院の治療だって、あなた自身が選んだこと。全ての責任、全ての原因はあなた。

こうなったら誰に文句も言わず、

自分が作った癌細胞なのだから、自分で治せばいいじゃないか。」

 こう言われて、今までの自分の生活を省みて、食事を変え、生活を変え、癌という病、しいては自分自身を見つめ直して行く作業をしていきます。

昨今は抗がん剤や免疫療法も盛んで身体にやさしくなってきていますがやはり治療後の生活を正すのもとても大事だと思います。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

足のトラブル

先日いらした膝痛の患者さんですがよくよく身体を診ていくと足の外反母趾が相当ひどい状態でした。もちろん膝の痛みが出ているのでX脚気味ではありますがどうも外反母趾を何とかしないと歩行に問題も出ています。もはや骨の変形がすすんでしまっていますが足のマッサージと指圧をするとアーチが戻り若干親指も開くようになりました。今後は自宅でもマッサージと足の指の筋トレとストレッチを指導して毎日やってもらうことにしまし

力の入れ方抜き方

最近は筋トレブームでトレーニングに励む方も多くいらっしゃいます。力を入れることはとても意識しやすく筋肉も増えていくのでとても満足感があります。 ところがいざ色々なスポーツの場面では力を入れる、力を抜くの連続です。思うに一流アスリートはパワーもありますが力の抜き方も熟知している天才なのではないでしょうか。 マッサージや指圧でもたまにいらっしゃるのですが力を抜いてくださいと言っても余計に硬くなる方もい

内臓脂肪型肥満

最近電車に乗ると以前に比べて通勤電車で小太りの男性が増えたような気がします。 やはりコロナ中で運動不足や食事の乱れがあり肥満体になる方が 増えているようです。現実にもコロナ最中にテレワークや運動不足などで太った方が増えたとのデータがありました。 その中でも内臓脂肪はあまりよくありません。内臓周辺に蓄積する脂肪は 代謝が盛んで血中脂質濃度を高めてしまいます。インスリン抵抗性も悪くなり 脂質異常や糖尿