検索

がんも身体の一部

手術、抗がん剤、放射線療法と、病院でありとあらゆる治療を行い、それでも一向に癌が良くならない、今度は東洋医学で何とかならないか・・・と相談に訪れる患者さまが沢山おられます。

その方たちは大抵、病院ではもう為す術がなくホスピスを薦められたような状態。

長く辛い治療で体はボロボロ、精神的にも相当参っているせいか、今まで治療を行ってきた病院への文句や、「なぜ自分は癌なんかになってしまったのだろう」と、ひとしきり文句と愚痴をお話になられます。

 亡父・安陪常正は、いつも黙ってそれを聴いていました。そして、ひと言。

「病気には必ず原因があって結果があります。あなたが癌になったのは、あなたがそういう生活をしていたから。

食事とか生活とか、何か無理はしていませんでしたか?」

そう尋ねると、やはり癌を患う方は、過去10年以内に大抵何かしら精神的・肉体的に相当な無理をしていた時期がおありになった方がほとんどでした。

そして父は続けます。

「癌は外からやって来たのではない。癌もあなたの体の一部、あなたの細胞のひとつ。

そんなに憎んで苛めてどうするの?

病院の治療だって、あなた自身が選んだこと。全ての責任、全ての原因はあなた。

こうなったら誰に文句も言わず、

自分が作った癌細胞なのだから、自分で治せばいいじゃないか。」

 こう言われて、今までの自分の生活を省みて、食事を変え、生活を変え、癌という病、しいては自分自身を見つめ直して行く作業をしていきます。

昨今は抗がん剤や免疫療法も盛んで身体にやさしくなってきていますがやはり治療後の生活を正すのもとても大事だと思います。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています