検索

がんも身体の一部

手術、抗がん剤、放射線療法と、病院でありとあらゆる治療を行い、それでも一向に癌が良くならない、今度は東洋医学で何とかならないか・・・と相談に訪れる患者さまが沢山おられます。

その方たちは大抵、病院ではもう為す術がなくホスピスを薦められたような状態。

長く辛い治療で体はボロボロ、精神的にも相当参っているせいか、今まで治療を行ってきた病院への文句や、「なぜ自分は癌なんかになってしまったのだろう」と、ひとしきり文句と愚痴をお話になられます。

 亡父・安陪常正は、いつも黙ってそれを聴いていました。そして、ひと言。

「病気には必ず原因があって結果があります。あなたが癌になったのは、あなたがそういう生活をしていたから。

食事とか生活とか、何か無理はしていませんでしたか?」

そう尋ねると、やはり癌を患う方は、過去10年以内に大抵何かしら精神的・肉体的に相当な無理をしていた時期がおありになった方がほとんどでした。

そして父は続けます。

「癌は外からやって来たのではない。癌もあなたの体の一部、あなたの細胞のひとつ。

そんなに憎んで苛めてどうするの?

病院の治療だって、あなた自身が選んだこと。全ての責任、全ての原因はあなた。

こうなったら誰に文句も言わず、

自分が作った癌細胞なのだから、自分で治せばいいじゃないか。」

 こう言われて、今までの自分の生活を省みて、食事を変え、生活を変え、癌という病、しいては自分自身を見つめ直して行く作業をしていきます。

昨今は抗がん剤や免疫療法も盛んで身体にやさしくなってきていますがやはり治療後の生活を正すのもとても大事だと思います。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完

マインドフルネスと禅

昨今マインドフルネスという言葉を盛んに見かけると思います。 要約すれば瞑想ですが医療心理学的にはジョンガバットジンが心理学の集点化理論と組み合わせて臨床的に体系化したもので心をリラックスしたりストレスを緩和したり思考を制御したりするものと言われています。日本人から見れば心理学的治療に見えますが実は東洋思想仏教の禅から由来されてると言われています。 私は幼少から父の影響で坐禅を組むことをよくしていま

胃腸障害

ここ最近胃腸障害の患者さんが多いようです。 やはり自粛生活による運動不足やストレスなどで胃腸の調子が悪い方がいます。 胃もたれや食後の胸焼け、お腹の膨満感など人により様々ですが 長く続く場合は病院での検査を勧めています。 食べ過ぎ飲みすぎなら解るのですがどうも自宅に長くこもっていたり 普段の生活がなかなか思うようにいかないようなストレスを抱えている方が ほとんどでした。長い間ストレスがあると胃腸の

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477