検索

ぎっくり腰

今年になって寒さも厳しくなって皆さんも身体が硬まってしまう方も多いと思います。

1月は特にぎっくり腰の患者さんがとても多く、これもまた寒い日に限って来院する患者さんも多数いらっしゃいました。もともとぎっくり腰は腰椎捻挫といいますが、まあ皆さんふくらはぎが攣る経験はありますよね、それが腰に起こった状態です。腰は要ですから動けなくなるわけです。とにかくやってしまったら、まずは横向きに寝て動かさないことです。あと他人がいれば、市販の冷シップか氷水でアイジング(アイジングあまり長くしないように15分インターバル数回、シップは3時間くらいでどんどん変えるようにします)その日は入浴は止めます。炎症がとれてきたら四つんばいになり そのままで前後左右ゆっくり動かします。痛みが和らいだら少々動いても大丈夫ですが、1~2日くらいは冷シップはしていてよいでしょう。炎症が取れてきて1~2日たったら今度は徐々にゆっくり動かしていきましょう。今度は冷やすより入浴や温めたりマッサージもOKです。しかし患部にはあまり刺激を与えすぎないようにしましょう。四つんばいのゆっくりしたストレッチは続けながら日常生活を少しずつ始めてください。初期の対処だけでもその後の回復が違うので皆さんもまだまだ寒いので気をつけてください。また腰椎捻挫は疲労がたまっていたり、冷えから起因することが多いので転ばぬ先の杖で是非予防してください。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています