検索

ぎっくり腰

今年になって寒さも厳しくなって皆さんも身体が硬まってしまう方も多いと思います。

1月は特にぎっくり腰の患者さんがとても多く、これもまた寒い日に限って来院する患者さんも多数いらっしゃいました。もともとぎっくり腰は腰椎捻挫といいますが、まあ皆さんふくらはぎが攣る経験はありますよね、それが腰に起こった状態です。腰は要ですから動けなくなるわけです。とにかくやってしまったら、まずは横向きに寝て動かさないことです。あと他人がいれば、市販の冷シップか氷水でアイジング(アイジングあまり長くしないように15分インターバル数回、シップは3時間くらいでどんどん変えるようにします)その日は入浴は止めます。炎症がとれてきたら四つんばいになり そのままで前後左右ゆっくり動かします。痛みが和らいだら少々動いても大丈夫ですが、1~2日くらいは冷シップはしていてよいでしょう。炎症が取れてきて1~2日たったら今度は徐々にゆっくり動かしていきましょう。今度は冷やすより入浴や温めたりマッサージもOKです。しかし患部にはあまり刺激を与えすぎないようにしましょう。四つんばいのゆっくりしたストレッチは続けながら日常生活を少しずつ始めてください。初期の対処だけでもその後の回復が違うので皆さんもまだまだ寒いので気をつけてください。また腰椎捻挫は疲労がたまっていたり、冷えから起因することが多いので転ばぬ先の杖で是非予防してください。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近ニュースで見たのが結構衝撃的でした。アメリカの成人75%が過体重だということ。また働き盛の40から60代で平均がbmi30以上と耳を疑いましたが現実だそうです。アメリカは肥満大国と言われていましたが現代でもあまり肥満度は変化ないようで驚きでした。特にここ3年はコロナ渦で自宅で過ごす時間が増えてきて運動不足で太る方も多かったと思いますが日本人も中年に限れば電車内を見渡すとお腹が出てる方が多く見受

運動や仕事後に疲れも溜まります。もちろんその後ゆっくり過ごせば人間は基本回復するものです。動物も基本狩りをしているとき以外は結構ダラダラしてることが多いですよね。 しかし人間はそうはいきません。仕事が終わったら自宅では家事育児。運動も朝など習慣化していてもその後仕事に向かわなければいけません。 そうそうのんびりできる環境などないですよね。 そうなると早めに疲れをとるのでしたら回復力は早くする習慣も

最近寒さが厳しく朝晩は東京でも気温が低い日が続きます。最近患者さんの傾向ですが浮腫が気になる方が増えてきました。いわゆる立ち仕事や一日着座の仕事で浮腫む方も多いのですがもう昼ぐらいから浮腫んだり、朝起きたら浮腫んでいたりと色々です。浮腫は腎臓病や膠原病、心臓病なども隠れている場合があるので浮腫みが長く続く場合は医療機関へ行くことをおすすめします。それ以外ではやはり寒さや冷えが原因の方が多いようです