検索

アップルウォッチとソニーの井深大さん

先日発表されたアップルから発売するアップルウォッチ。機能もすごいのですがその機能の一つにヘルスケアがあります。脈拍測定がリアルタイムに出来てアプリと連動して体の予防や色々な運動レベルを管理などしていただくという機能です。私も驚きましたがアプリ開発がどんどん進めば医療関係でかなり期待できる機能かもしれません。

私はこの機能を知って25年前居士会の患者さんでもあったソニー故井深大さんの言葉が思い浮かばれます。当時井深さんは東洋医学に興味がありソニー脈診研究所という機関がありました。東洋医学の脈診を機械で測定して色々な病気を見つけるという研究機関でした。医者や鍼灸師もいらしてこの機械があれば脈診で東洋医学の未病を発見でき手軽に診断が出来るのではないかと当時居士会で治療中に色々とためになるお話をお伺いしたのを覚えています。実験で居士会の父の治療前の脈と治療後の脈を測定してご自身で測定して脈が改善しているのを見て喜んでいられるのを懐かしく思います。この脈を測って機械でヘルスケアに利用することをアプローチの違いとはいえ30年近く前から着眼していたのがとても驚きです。井深さんがお亡くなりになった後はこの機関は解体されてしまったようですが他にも色々当時では理解されないような研究をたくさん話されていました。今のソニーの現状を見ると本当に残念でなりませんし井深さんの先見の明をアップルが違うアプローチであれ、本質は人の発想や着眼点や情熱なんだと思うところです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近ニュースで見たのが結構衝撃的でした。アメリカの成人75%が過体重だということ。また働き盛の40から60代で平均がbmi30以上と耳を疑いましたが現実だそうです。アメリカは肥満大国と言われていましたが現代でもあまり肥満度は変化ないようで驚きでした。特にここ3年はコロナ渦で自宅で過ごす時間が増えてきて運動不足で太る方も多かったと思いますが日本人も中年に限れば電車内を見渡すとお腹が出てる方が多く見受

運動や仕事後に疲れも溜まります。もちろんその後ゆっくり過ごせば人間は基本回復するものです。動物も基本狩りをしているとき以外は結構ダラダラしてることが多いですよね。 しかし人間はそうはいきません。仕事が終わったら自宅では家事育児。運動も朝など習慣化していてもその後仕事に向かわなければいけません。 そうそうのんびりできる環境などないですよね。 そうなると早めに疲れをとるのでしたら回復力は早くする習慣も

最近寒さが厳しく朝晩は東京でも気温が低い日が続きます。最近患者さんの傾向ですが浮腫が気になる方が増えてきました。いわゆる立ち仕事や一日着座の仕事で浮腫む方も多いのですがもう昼ぐらいから浮腫んだり、朝起きたら浮腫んでいたりと色々です。浮腫は腎臓病や膠原病、心臓病なども隠れている場合があるので浮腫みが長く続く場合は医療機関へ行くことをおすすめします。それ以外ではやはり寒さや冷えが原因の方が多いようです