検索

アップルウォッチとソニーの井深大さん

先日発表されたアップルから発売するアップルウォッチ。機能もすごいのですがその機能の一つにヘルスケアがあります。脈拍測定がリアルタイムに出来てアプリと連動して体の予防や色々な運動レベルを管理などしていただくという機能です。私も驚きましたがアプリ開発がどんどん進めば医療関係でかなり期待できる機能かもしれません。

私はこの機能を知って25年前居士会の患者さんでもあったソニー故井深大さんの言葉が思い浮かばれます。当時井深さんは東洋医学に興味がありソニー脈診研究所という機関がありました。東洋医学の脈診を機械で測定して色々な病気を見つけるという研究機関でした。医者や鍼灸師もいらしてこの機械があれば脈診で東洋医学の未病を発見でき手軽に診断が出来るのではないかと当時居士会で治療中に色々とためになるお話をお伺いしたのを覚えています。実験で居士会の父の治療前の脈と治療後の脈を測定してご自身で測定して脈が改善しているのを見て喜んでいられるのを懐かしく思います。この脈を測って機械でヘルスケアに利用することをアプローチの違いとはいえ30年近く前から着眼していたのがとても驚きです。井深さんがお亡くなりになった後はこの機関は解体されてしまったようですが他にも色々当時では理解されないような研究をたくさん話されていました。今のソニーの現状を見ると本当に残念でなりませんし井深さんの先見の明をアップルが違うアプローチであれ、本質は人の発想や着眼点や情熱なんだと思うところです。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています