検索

アップルウォッチとソニーの井深大さん

先日発表されたアップルから発売するアップルウォッチ。機能もすごいのですがその機能の一つにヘルスケアがあります。脈拍測定がリアルタイムに出来てアプリと連動して体の予防や色々な運動レベルを管理などしていただくという機能です。私も驚きましたがアプリ開発がどんどん進めば医療関係でかなり期待できる機能かもしれません。

私はこの機能を知って25年前居士会の患者さんでもあったソニー故井深大さんの言葉が思い浮かばれます。当時井深さんは東洋医学に興味がありソニー脈診研究所という機関がありました。東洋医学の脈診を機械で測定して色々な病気を見つけるという研究機関でした。医者や鍼灸師もいらしてこの機械があれば脈診で東洋医学の未病を発見でき手軽に診断が出来るのではないかと当時居士会で治療中に色々とためになるお話をお伺いしたのを覚えています。実験で居士会の父の治療前の脈と治療後の脈を測定してご自身で測定して脈が改善しているのを見て喜んでいられるのを懐かしく思います。この脈を測って機械でヘルスケアに利用することをアプローチの違いとはいえ30年近く前から着眼していたのがとても驚きです。井深さんがお亡くなりになった後はこの機関は解体されてしまったようですが他にも色々当時では理解されないような研究をたくさん話されていました。今のソニーの現状を見ると本当に残念でなりませんし井深さんの先見の明をアップルが違うアプローチであれ、本質は人の発想や着眼点や情熱なんだと思うところです。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

足のトラブル

先日いらした膝痛の患者さんですがよくよく身体を診ていくと足の外反母趾が相当ひどい状態でした。もちろん膝の痛みが出ているのでX脚気味ではありますがどうも外反母趾を何とかしないと歩行に問題も出ています。もはや骨の変形がすすんでしまっていますが足のマッサージと指圧をするとアーチが戻り若干親指も開くようになりました。今後は自宅でもマッサージと足の指の筋トレとストレッチを指導して毎日やってもらうことにしまし

力の入れ方抜き方

最近は筋トレブームでトレーニングに励む方も多くいらっしゃいます。力を入れることはとても意識しやすく筋肉も増えていくのでとても満足感があります。 ところがいざ色々なスポーツの場面では力を入れる、力を抜くの連続です。思うに一流アスリートはパワーもありますが力の抜き方も熟知している天才なのではないでしょうか。 マッサージや指圧でもたまにいらっしゃるのですが力を抜いてくださいと言っても余計に硬くなる方もい

内臓脂肪型肥満

最近電車に乗ると以前に比べて通勤電車で小太りの男性が増えたような気がします。 やはりコロナ中で運動不足や食事の乱れがあり肥満体になる方が 増えているようです。現実にもコロナ最中にテレワークや運動不足などで太った方が増えたとのデータがありました。 その中でも内臓脂肪はあまりよくありません。内臓周辺に蓄積する脂肪は 代謝が盛んで血中脂質濃度を高めてしまいます。インスリン抵抗性も悪くなり 脂質異常や糖尿