検索

オーストリアバードガシュタイン

今ではオーストリアのバドガシュタインといえば坑道浴と言われるほど、日本では有名になりました。

ここの坑道浴もここまで知られるようになったのはだいぶ最近のことです。また広めたのも父の啓蒙があったからだと思います。

今ではインターネットや最近ではTVでも放映されていました。

まずはこことの出会いからですが、父はもともとラジウムや玉川温泉の研究や北投石の研究をしていましたが世界にはもっと素晴らしい温泉やラドン施設があるはずと、それこそ南米チリやブラジルなども研究のため飛び回っていました。

その当時1997年頃アメリカのラドンヘルスマインという坑道浴によく出かけていました。

そのことを当時患者さんでいらした、中部電力会長 故 安部浩平さんに紹介されたのが元電力中央研究所所長の服部禎男さんでした。

服部さんからお聞きしたのがオーストリアにあるバドガシュタインでした。早速薦められ1998年にバドガシュタインのハイルシュトレーン坑道浴に行き、その設備の素晴らしさやラドンの数値に大変感動しました。

現地でハイルシュトレーンのお医者様とも懇意にしていただき、我々も患者さんとのツアーで何度も足を運び日本の皆さんに啓蒙してきました。

もちろん難病の方もご一緒し相乗効果はありました。そこできちんと食事療法を指導し、また調身法も施術し日本と同じように湯治を行なった結果です。

しかしなれない海外でしかも日本食や食材もないので難病の方には環境的にかなり辛い湯治になります。限界を感じていたのです。

そこで日本でも同じようなラドン浴ができないものかと父は周辺をくまなく探し鉱石を発見しました。今居士会で使用している最上の岩盤の石です。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完

マインドフルネスと禅

昨今マインドフルネスという言葉を盛んに見かけると思います。 要約すれば瞑想ですが医療心理学的にはジョンガバットジンが心理学の集点化理論と組み合わせて臨床的に体系化したもので心をリラックスしたりストレスを緩和したり思考を制御したりするものと言われています。日本人から見れば心理学的治療に見えますが実は東洋思想仏教の禅から由来されてると言われています。 私は幼少から父の影響で坐禅を組むことをよくしていま

胃腸障害

ここ最近胃腸障害の患者さんが多いようです。 やはり自粛生活による運動不足やストレスなどで胃腸の調子が悪い方がいます。 胃もたれや食後の胸焼け、お腹の膨満感など人により様々ですが 長く続く場合は病院での検査を勧めています。 食べ過ぎ飲みすぎなら解るのですがどうも自宅に長くこもっていたり 普段の生活がなかなか思うようにいかないようなストレスを抱えている方が ほとんどでした。長い間ストレスがあると胃腸の

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477