検索

ロードバイク サイクリストと腰痛

更新日:2021年9月16日

まず自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。

でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが自転車に乗って腰痛を発生するのはまず日常の生活の上で腰を酷使している方がほとんどです。

日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗り込めばそれはもう腰が耐えられなくなり自転車に乗ることで腰を疲労困憊にしているようなものです。現実にサイクリストでもなく日本人の半分は腰痛を何かしら経験しています。

私はまず普段の生活の中で腰痛をなくすことから初めていけば自転車に乗る際にもそこまで腰に負担がかからないと思っています。

まずは座るという行為がじつは腰痛と深い関係があります。現代はまず仕事をするうえでパソコン業務は欠かせません。大抵の仕事は座り仕事でPCの前で業務時間の大半を過ごす方がほとんどです。実はこの椅子に座るのが腰痛を起こしている原因だと思っています。

椅子に座ることを思い浮かべてください。PC画面を見つつ椅子に座ると背中の湾曲がCの字になっている方が多いと思います。横から見ると仙骨が後弯してそこから腰椎胸椎がCカーブで座っている方がほとんどです。本来人は生理的湾曲、湾曲の個人差はありますがS字カーブが一番物理的にも負担のない構造になっています。そうなると一日のうちオフィスで7時間座り、通勤で1時間座り、家庭で余暇を過ごす間に2時間座ると仮定します。寝てる時間を除いて現代人はほとんど座っている時間が長すぎるのです。このような生活をして姿勢がどんどん生理的湾曲が崩れ腰の筋肉や背中の筋肉が慢性的に張っている方が多いのだと思います。

本来人間は姿勢筋と言われる抗重力筋がうまく働くように設定されています。しかし毎日そのような姿勢を続けると姿勢筋が狂ってしまい本来の生理的湾曲を保つことが出来なくなっている方が多くなっています。電車で椅子に座っている方の姿勢を見ればきちんと仙骨を立たせて座っている方はほとんど見かけません。これでは腰痛が国民病と言われても納得ができます。

仕事で座るのは仕方ないとして対策は姿勢を生理的湾曲に戻すことです。普段から座るときに背もたれに仙骨をあてて仙骨尾骨を立たせるようにしてください。そこに腰椎をストンと乗せる意識を持たせます。その意識がなく出来にくい方は生理的湾曲を作りにくくなっています。又は背中が張ってくるのも身体前面についてる腸腰筋群や腹斜筋腹直筋などが萎縮している方が多く、まずは仙骨を立たせるようにそれらをストレッチやマッサージで治していく必要があります。

この姿勢が出来てくると長く座っても腰が痛くなりにくくなります。一番簡単な方法は正座をして仙骨を立たせることです。これが一番意識をできやすいと思います。まずは身体の変化を感じるようにしてください。

次回はサイクリスト腰痛対策です。

#ロードバイク

#腰痛

#腰痛原因

75回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています