検索

スポーツと身体

最終更新: 2018年12月9日


私はスポーツ好きで自転車やスキーをやってきました、過去球技や水泳などもやりましたが

先の2つは今でも続いています。

やはり人間も動物動くものです。今では交通網が発達して昔ほど歩く機会がだいぶ減っています。

今現代病といわれる病気はほとんどが運動不足や食事の改善で回復傾向になっていくと思います。

ですから現代人は積極的に運動をしないといけないと思います。歩くのもよし、水泳でもよし。とにかく体を使うことです。社会人になって筋肉痛になるほど運動することなどないのではないでしょうか。

極端ですが運動をする方はアスリート並にどんどんやって運動しない方は全くしない方も多いようです。

何事も継続は力なりで続けることが大事だと思います。

ただ過激に運動をしすぎて体を壊す方も多いのでその辺は自分の体力を考えてやることが大事でしょう。プロアスリートは限界まで追い込むので、引退後は体がボロボロになる方も多いようです。しかし最近はスポーツ医学も発達しケアも十分出来るので昔より競技年齢は上がってきたようです。

私は運動も休息も一対一だと思います。疲れたら休む、ケアする。気力があれば動く。

動物もえさを捕るときはいつまでも動いているし、休憩時はまったく動かず横になってますね。

現代人はそうは行かなくてもスケジュールで毎日が過ぎてしまうのは体にとってとても無理がある生活だと思ったほうが良いと思います。




2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

関節痛

年明けになり寒い日が続きます。お年寄りにはポピュラーな病気ですが比較的冬の時期若い方でも関節痛は出やすいのです。原因は人により違いますが大まかに言えば寒さによる血行不良が多いです。本来筋肉には豊富に血流があり筋温も動いたりすれば上がります。しかし関節はどうでしょうか膝、肘、足首など痛みが出やすい関節には大きな筋肉はありません。ほとんど靭帯や骨で構成されています。また関節には厄介なんですが痛みを感受

基礎疾患の怖さ

今年も年の瀬が迫る頃にコロナウイルスの勢いは止まりません。 昨日は残念なニュースが飛び込んできました。羽田雄一郎議員がコロナウイルスの肺炎で死去してしまいました。私の亡き父は雄一郎さんの父羽田孜さんとはとても懇意にしていたので父が生きているときはよく家族で温泉湯治にも行ってました。羽田さんは温泉が多い長野県の方なので温泉が医療や健康に絶対良いはずだと常々言っていました。当時湯治によく行っていた父と

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477