検索

スポーツと身体

更新日:2018年12月9日


私はスポーツ好きで自転車やスキーをやってきました、過去球技や水泳などもやりましたが

先の2つは今でも続いています。

やはり人間も動物動くものです。今では交通網が発達して昔ほど歩く機会がだいぶ減っています。

今現代病といわれる病気はほとんどが運動不足や食事の改善で回復傾向になっていくと思います。

ですから現代人は積極的に運動をしないといけないと思います。歩くのもよし、水泳でもよし。とにかく体を使うことです。社会人になって筋肉痛になるほど運動することなどないのではないでしょうか。

極端ですが運動をする方はアスリート並にどんどんやって運動しない方は全くしない方も多いようです。

何事も継続は力なりで続けることが大事だと思います。

ただ過激に運動をしすぎて体を壊す方も多いのでその辺は自分の体力を考えてやることが大事でしょう。プロアスリートは限界まで追い込むので、引退後は体がボロボロになる方も多いようです。しかし最近はスポーツ医学も発達しケアも十分出来るので昔より競技年齢は上がってきたようです。

私は運動も休息も一対一だと思います。疲れたら休む、ケアする。気力があれば動く。

動物もえさを捕るときはいつまでも動いているし、休憩時はまったく動かず横になってますね。

現代人はそうは行かなくてもスケジュールで毎日が過ぎてしまうのは体にとってとても無理がある生活だと思ったほうが良いと思います。




2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

足のトラブル

先日いらした膝痛の患者さんですがよくよく身体を診ていくと足の外反母趾が相当ひどい状態でした。もちろん膝の痛みが出ているのでX脚気味ではありますがどうも外反母趾を何とかしないと歩行に問題も出ています。もはや骨の変形がすすんでしまっていますが足のマッサージと指圧をするとアーチが戻り若干親指も開くようになりました。今後は自宅でもマッサージと足の指の筋トレとストレッチを指導して毎日やってもらうことにしまし

力の入れ方抜き方

最近は筋トレブームでトレーニングに励む方も多くいらっしゃいます。力を入れることはとても意識しやすく筋肉も増えていくのでとても満足感があります。 ところがいざ色々なスポーツの場面では力を入れる、力を抜くの連続です。思うに一流アスリートはパワーもありますが力の抜き方も熟知している天才なのではないでしょうか。 マッサージや指圧でもたまにいらっしゃるのですが力を抜いてくださいと言っても余計に硬くなる方もい

内臓脂肪型肥満

最近電車に乗ると以前に比べて通勤電車で小太りの男性が増えたような気がします。 やはりコロナ中で運動不足や食事の乱れがあり肥満体になる方が 増えているようです。現実にもコロナ最中にテレワークや運動不足などで太った方が増えたとのデータがありました。 その中でも内臓脂肪はあまりよくありません。内臓周辺に蓄積する脂肪は 代謝が盛んで血中脂質濃度を高めてしまいます。インスリン抵抗性も悪くなり 脂質異常や糖尿