検索

スポーツと身体

更新日:2018年12月9日


私はスポーツ好きで自転車やスキーをやってきました、過去球技や水泳などもやりましたが

先の2つは今でも続いています。

やはり人間も動物動くものです。今では交通網が発達して昔ほど歩く機会がだいぶ減っています。

今現代病といわれる病気はほとんどが運動不足や食事の改善で回復傾向になっていくと思います。

ですから現代人は積極的に運動をしないといけないと思います。歩くのもよし、水泳でもよし。とにかく体を使うことです。社会人になって筋肉痛になるほど運動することなどないのではないでしょうか。

極端ですが運動をする方はアスリート並にどんどんやって運動しない方は全くしない方も多いようです。

何事も継続は力なりで続けることが大事だと思います。

ただ過激に運動をしすぎて体を壊す方も多いのでその辺は自分の体力を考えてやることが大事でしょう。プロアスリートは限界まで追い込むので、引退後は体がボロボロになる方も多いようです。しかし最近はスポーツ医学も発達しケアも十分出来るので昔より競技年齢は上がってきたようです。

私は運動も休息も一対一だと思います。疲れたら休む、ケアする。気力があれば動く。

動物もえさを捕るときはいつまでも動いているし、休憩時はまったく動かず横になってますね。

現代人はそうは行かなくてもスケジュールで毎日が過ぎてしまうのは体にとってとても無理がある生活だと思ったほうが良いと思います。




2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています