検索

スポーツ障害

私はスポーツが好きで社会人になってからも自転車とスキーは続けています。

スポーツによって色々な方とお知り合いになり、お話をしていると、以前から気になることがありました。

 いわゆるプロアスリートは自分の身体が資本のため、とても身体のメンテナンスに気を使い実践しています。運動前後のストレッチや試合後や練習後のプロによるマッサージを、普段からきちんと受けてメンテナンスしています。

なのに一般のスポーツ愛好家は、平日や週末問わず走り(運動)し続けて、その後のケアをまったくやっていない方がとても多いのです。

プロアスリートほど運動していないから、めんどくさいから、やり方がわからない・・・等々よく聴きます。

しかし、アスリートほどの運動はしなくても、身体には確実に疲労がたまっています。

それが限界に達したとき痛みや故障をし、結局、運動をやめてしまったり、運動ができずパフォーマンスを落としている方が多いのです。

 私は、運動選手ではない方ほど平日は仕事、その合間にトレーニングと、身体にかかるストレスは相当なものだと思うのです。

ですから、一般の方ほど、もっと身体の声を聴きケアをしないといけないと感じています。

特にヨーロッパの自転車愛好家やスポーツ愛好家はプロに限らず頻繁にマッサージをしてケアをしていることが多いと聞きます。怪我をしないため、日常の生活の一部になっているようです。

 私の患者さんにはスポーツ愛好家やアスリートの方も多いのですが、やはり痛みが出てから来院される患者さんも多いので、ぜひ日常で痛みが出る前に治療を受けてほしいと思います。

 「常日頃の小まめな体のメンテナンス」、これが長くスポーツを続けられる秘訣だと思います。

ちなみに、私どもの治療は特殊なリンパを刺激する治療なので、筋疲労にはとても効果的です。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近ニュースで見たのが結構衝撃的でした。アメリカの成人75%が過体重だということ。また働き盛の40から60代で平均がbmi30以上と耳を疑いましたが現実だそうです。アメリカは肥満大国と言われていましたが現代でもあまり肥満度は変化ないようで驚きでした。特にここ3年はコロナ渦で自宅で過ごす時間が増えてきて運動不足で太る方も多かったと思いますが日本人も中年に限れば電車内を見渡すとお腹が出てる方が多く見受

運動や仕事後に疲れも溜まります。もちろんその後ゆっくり過ごせば人間は基本回復するものです。動物も基本狩りをしているとき以外は結構ダラダラしてることが多いですよね。 しかし人間はそうはいきません。仕事が終わったら自宅では家事育児。運動も朝など習慣化していてもその後仕事に向かわなければいけません。 そうそうのんびりできる環境などないですよね。 そうなると早めに疲れをとるのでしたら回復力は早くする習慣も

最近寒さが厳しく朝晩は東京でも気温が低い日が続きます。最近患者さんの傾向ですが浮腫が気になる方が増えてきました。いわゆる立ち仕事や一日着座の仕事で浮腫む方も多いのですがもう昼ぐらいから浮腫んだり、朝起きたら浮腫んでいたりと色々です。浮腫は腎臓病や膠原病、心臓病なども隠れている場合があるので浮腫みが長く続く場合は医療機関へ行くことをおすすめします。それ以外ではやはり寒さや冷えが原因の方が多いようです