検索

スポーツ障害

私はスポーツが好きで社会人になってからも自転車とスキーは続けています。

スポーツによって色々な方とお知り合いになり、お話をしていると、以前から気になることがありました。

 いわゆるプロアスリートは自分の身体が資本のため、とても身体のメンテナンスに気を使い実践しています。運動前後のストレッチや試合後や練習後のプロによるマッサージを、普段からきちんと受けてメンテナンスしています。

なのに一般のスポーツ愛好家は、平日や週末問わず走り(運動)し続けて、その後のケアをまったくやっていない方がとても多いのです。

プロアスリートほど運動していないから、めんどくさいから、やり方がわからない・・・等々よく聴きます。

しかし、アスリートほどの運動はしなくても、身体には確実に疲労がたまっています。

それが限界に達したとき痛みや故障をし、結局、運動をやめてしまったり、運動ができずパフォーマンスを落としている方が多いのです。

 私は、運動選手ではない方ほど平日は仕事、その合間にトレーニングと、身体にかかるストレスは相当なものだと思うのです。

ですから、一般の方ほど、もっと身体の声を聴きケアをしないといけないと感じています。

特にヨーロッパの自転車愛好家やスポーツ愛好家はプロに限らず頻繁にマッサージをしてケアをしていることが多いと聞きます。怪我をしないため、日常の生活の一部になっているようです。

 私の患者さんにはスポーツ愛好家やアスリートの方も多いのですが、やはり痛みが出てから来院される患者さんも多いので、ぜひ日常で痛みが出る前に治療を受けてほしいと思います。

 「常日頃の小まめな体のメンテナンス」、これが長くスポーツを続けられる秘訣だと思います。

ちなみに、私どもの治療は特殊なリンパを刺激する治療なので、筋疲労にはとても効果的です。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

寒さと腰痛

10月に入り朝晩の寒さが本格的になってきました。今年は寒くなるのが早いようです。 さて寒くなると結構腰痛の患者さんが増えます。 腰痛といってもその原因は様々あるのですが85%の腰痛は非特異性腰痛といって原因不明なのがほとんどです。残りの15%が内蔵の病気、神経の障害、ヘルニアや狭窄症などレントゲンなどで特定できる腰痛です。いうなれば85%の腰痛は筋肉由来か椎間関節や神経痛です。 筋肉由来であればマ

筋肉と関節

皆さんが意識する筋肉は骨格筋と言って体を動かす筋肉はこちらになります。関節と関節をスムースに動かすためです。筋肉にはあと不随異筋と随意筋に分かれます。 骨格筋でも姿勢維持筋は静止していても常に緊張しているので痛みやコリなど感じやすいです。また運動など手足を伸展屈曲する運動が入るとこちらも疲労します。姿勢筋と違い過度になれば筋肉痛になります。大抵エキセントリックの動きが負荷が大きいので筋肉痛にはなり

指圧とマッサージの違い

皆さんもよくマッサージは受ける方が多いのではないでしょうか、本来手技療法である按摩マッサージ指圧は国家資格が必要です。資格を得るには3年学校に通い医療や実技を学びます。その後卒業できた方が国家資格試験を受けるのでまず医療知識や手技も安定的なレベルであるといえます。しかし最近街中では無資格マッサージがほとんどで私から見ても保健衛生上昨今のコロナ関連換気面や衛生面から見ても大丈夫かと思ってしまいます。