検索

ダイエットに必要なのは

ダイエット...あまり聞きたくない言葉ではないでしょうか。

さてダイエットと言っても色々あります。

*美容目的いわゆるスリムボディーになりたい。

*医療目的、メタボや高脂血症、糖尿病、体重過多による関節の痛みなど

*スポーツ競技の目的、自転車、ランニング、水泳など特に有酸素運動系では身体を絞る必要がある競技も多数。

競技スポーツをやられてる方なら自分を律し管理できる方も多く現実にアスリートの体はとても引き締まって素敵に見えます。普通の方が憧れるのはやはりアスリートのような引き締まった体型ではないでしょうか。

しかしアスリートのような体型を維持するには一般の方が考える以上の運動量と食事管理が徹底されています。それを一般の方に多く広めたのが〇イザップですね。運動(筋トレと徹底した食事管理)

しかし忙しく働いている現代人はそこまでの時間と労力もない人のほうがほとんどだと思います。

そこでダイエットの本質ですがやはり食事管理が一番です。要は一日の基礎代謝+運動代謝のカロリーを把握してそれ以上食べないことです。減らしたい方はこれを徹底するだけで体重は確実に落ちていきます。

そこに加えて運動を加味していくともっと痩せやすくなります。運動だけで痩せようとしても、例えばウォーキングも5K歩いてせいぜい180カロリーほどしか減りませんのでやはり食事管理+の効果ではないでしょうか。

普段から運動習慣がない方は駅で積極的に階段を使う、通勤時や移動時に歩くことや自転車にする。など特にジムに行く時間がない方でも出来ることではないでしょうか。

そこでお勧めなのは活量動計です。ガーミンなどスポーツ用から一般用まであるのでこれを装着して一日のカロリー運動量などを把握してしまうのが一番良いかと思います。患者さんにもお勧めしたら皆さん活動量が見えるのでダイエットに成功したようです。

また医療用目的でダイエットしなければならない方は食事の内容や投薬など加味されますので医師と相談してから行うのが鉄則です。

あと運動選手のダイエットが一番難しいかもしれません。

やはり管理+節制が楽しくなるように色々挑戦したり、運動やカロリーの見える可を楽しむのが良いかもしれませんね。

76回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

筋肉痛

皆さんも運動後に筋肉痛になることは多いのではないでしょうか。筋肉痛は元々遅発性筋痛と言います。運動後に痛みがくるからです。どちらかと言えば伸展動作の筋肉を痛めやすいのですが運動不足やいつもと違う動きをした時にもなることがあります。特段筋トレをしない方でもたまにランニングやちょっとした重労働をした時にも発生します。私は自転車競技をしていますがやはり普段より強度が高かったり坂を長く走ったりすればたまに

関節痛

年明けになり寒い日が続きます。お年寄りにはポピュラーな病気ですが比較的冬の時期若い方でも関節痛は出やすいのです。原因は人により違いますが大まかに言えば寒さによる血行不良が多いです。本来筋肉には豊富に血流があり筋温も動いたりすれば上がります。しかし関節はどうでしょうか膝、肘、足首など痛みが出やすい関節には大きな筋肉はありません。ほとんど靭帯や骨で構成されています。また関節には厄介なんですが痛みを感受

基礎疾患の怖さ

今年も年の瀬が迫る頃にコロナウイルスの勢いは止まりません。 昨日は残念なニュースが飛び込んできました。羽田雄一郎議員がコロナウイルスの肺炎で死去してしまいました。私の亡き父は雄一郎さんの父羽田孜さんとはとても懇意にしていたので父が生きているときはよく家族で温泉湯治にも行ってました。羽田さんは温泉が多い長野県の方なので温泉が医療や健康に絶対良いはずだと常々言っていました。当時湯治によく行っていた父と

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477