検索

ハイポトニック飲料とアイソトニック飲料

最近の暑さは異常ですね。年々最高気温が更新されて体にかかる負担も大きくなってます。

特に最近の気温で熱中症になる方も多く、今年はもう一万八千人が搬送され23人も死亡したようです。

ところで熱中症予防ではスポーツドリンクをとよく耳にしますが、皆さんが良く飲んでらっしゃるのはポカリスエットやアクエリアスなどが多いかと思います。

しかしこの暑さの中大量の汗をかいたり、運動をしているときは普段何気なく飲んでいる上記のもの(アイソトニック飲料)より浸透圧が低いハイポトニック飲料がおすすめです。

特に1時間以内の運動中や軽いウォーキング、屋内や屋外での気温上昇による多発汗ならハイポトニック飲料が適切です。

ではアイソトニック飲料はいつ飲むのかといえば運動前や気温の高くない発汗が少ない時期の長時間の運動時にはアイソトニック飲料が良いとされてます。やはりカロリーがあるので運動前や気温が高くない時にはエネルギー補給も必要だからです。


しかしこの暑い時期自販機やコンビニでハイポトニック飲料を見つけるのもなかなか大変だろうと思います。アクエリアスzeroとかイオンウォーターとか自販機で中々見たことがありません。


実は簡単な方法でポカリスエット500mlを倍に水で割って0.5gほど塩を加えればハイポトニックになります。または1リットル用の粉末を2リットルに水で薄めて1gの塩を入れるのも同じです。私は市販の粉末でよくハイポトニックを作ります。


私の場合自転車のトレーニングなどの場合は1時間以上ならこれに粉飴を混ぜたり時間により補給食をこまめにとるようにします。

ちなみにこの時期気分が悪くなったり、頭がぼーっとしたり症状が出たらOS1などの経口補水液をすぐ飲んで涼しい場所で休むべきです。特に暑さ慣れしなかったり熱中症になったとがある方は最初から経口補水液でもよいかもしれません。

まだまだ暑さが続くので体調に気を付けましょう。




91回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています