検索

ハイポトニック飲料とアイソトニック飲料

最近の暑さは異常ですね。年々最高気温が更新されて体にかかる負担も大きくなってます。

特に最近の気温で熱中症になる方も多く、今年はもう一万八千人が搬送され23人も死亡したようです。

ところで熱中症予防ではスポーツドリンクをとよく耳にしますが、皆さんが良く飲んでらっしゃるのはポカリスエットやアクエリアスなどが多いかと思います。

しかしこの暑さの中大量の汗をかいたり、運動をしているときは普段何気なく飲んでいる上記のもの(アイソトニック飲料)より浸透圧が低いハイポトニック飲料がおすすめです。

特に1時間以内の運動中や軽いウォーキング、屋内や屋外での気温上昇による多発汗ならハイポトニック飲料が適切です。

ではアイソトニック飲料はいつ飲むのかといえば運動前や気温の高くない発汗が少ない時期の長時間の運動時にはアイソトニック飲料が良いとされてます。やはりカロリーがあるので運動前や気温が高くない時にはエネルギー補給も必要だからです。


しかしこの暑い時期自販機やコンビニでハイポトニック飲料を見つけるのもなかなか大変だろうと思います。アクエリアスzeroとかイオンウォーターとか自販機で中々見たことがありません。


実は簡単な方法でポカリスエット500mlを倍に水で割って0.5gほど塩を加えればハイポトニックになります。または1リットル用の粉末を2リットルに水で薄めて1gの塩を入れるのも同じです。私は市販の粉末でよくハイポトニックを作ります。


私の場合自転車のトレーニングなどの場合は1時間以上ならこれに粉飴を混ぜたり時間により補給食をこまめにとるようにします。

ちなみにこの時期気分が悪くなったり、頭がぼーっとしたり症状が出たらOS1などの経口補水液をすぐ飲んで涼しい場所で休むべきです。特に暑さ慣れしなかったり熱中症になったとがある方は最初から経口補水液でもよいかもしれません。

まだまだ暑さが続くので体調に気を付けましょう。




85回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

怪我をする前に

自転車に限らずスポーツに怪我はつきものです。競技系のスポーツをしていれば怪我に悩まされる方の多いこと。アクシデント系の怪我なら治療やリハビリで実質休まなければいけませんが、通常の練習やトレーニングなどで痛める方も多いと思います。スポーツとして楽しんでいる方でも怪我は多いのですが大抵無理をしたりトレーニング不足やケア不足などがあります。トレーニングも楽しんでくると徐々に負荷が上がります。目に見えるよ

自粛疲れ

GWも終わり日常生活も戻りつつあります。しかし連休前から東京では緊急事態宣言が出されせっかくのお休みも自宅近辺で過ごすはめになった方も多いと思います。 さすがにもう一年以上もこの状態が続いていて、何か対策もないまま自粛自粛と精神的に疲れてしまっている方も多いようです。 働いている世代はテレワークが定着し運動不足の方が治療院によくみえるようになりました。 あとは高齢者ですが真面目な方は家からほとんど

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完