検索

ハイポトニック飲料とアイソトニック飲料

最近の暑さは異常ですね。年々最高気温が更新されて体にかかる負担も大きくなってます。

特に最近の気温で熱中症になる方も多く、今年はもう一万八千人が搬送され23人も死亡したようです。

ところで熱中症予防ではスポーツドリンクをとよく耳にしますが、皆さんが良く飲んでらっしゃるのはポカリスエットやアクエリアスなどが多いかと思います。

しかしこの暑さの中大量の汗をかいたり、運動をしているときは普段何気なく飲んでいる上記のもの(アイソトニック飲料)より浸透圧が低いハイポトニック飲料がおすすめです。

特に1時間以内の運動中や軽いウォーキング、屋内や屋外での気温上昇による多発汗ならハイポトニック飲料が適切です。

ではアイソトニック飲料はいつ飲むのかといえば運動前や気温の高くない発汗が少ない時期の長時間の運動時にはアイソトニック飲料が良いとされてます。やはりカロリーがあるので運動前や気温が高くない時にはエネルギー補給も必要だからです。


しかしこの暑い時期自販機やコンビニでハイポトニック飲料を見つけるのもなかなか大変だろうと思います。アクエリアスzeroとかイオンウォーターとか自販機で中々見たことがありません。


実は簡単な方法でポカリスエット500mlを倍に水で割って0.5gほど塩を加えればハイポトニックになります。または1リットル用の粉末を2リットルに水で薄めて1gの塩を入れるのも同じです。私は市販の粉末でよくハイポトニックを作ります。


私の場合自転車のトレーニングなどの場合は1時間以上ならこれに粉飴を混ぜたり時間により補給食をこまめにとるようにします。

ちなみにこの時期気分が悪くなったり、頭がぼーっとしたり症状が出たらOS1などの経口補水液をすぐ飲んで涼しい場所で休むべきです。特に暑さ慣れしなかったり熱中症になったとがある方は最初から経口補水液でもよいかもしれません。

まだまだ暑さが続くので体調に気を付けましょう。




閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

運動や仕事後に疲れも溜まります。もちろんその後ゆっくり過ごせば人間は基本回復するものです。動物も基本狩りをしているとき以外は結構ダラダラしてることが多いですよね。 しかし人間はそうはいきません。仕事が終わったら自宅では家事育児。運動も朝など習慣化していてもその後仕事に向かわなければいけません。 そうそうのんびりできる環境などないですよね。 そうなると早めに疲れをとるのでしたら回復力は早くする習慣も

最近寒さが厳しく朝晩は東京でも気温が低い日が続きます。最近患者さんの傾向ですが浮腫が気になる方が増えてきました。いわゆる立ち仕事や一日着座の仕事で浮腫む方も多いのですがもう昼ぐらいから浮腫んだり、朝起きたら浮腫んでいたりと色々です。浮腫は腎臓病や膠原病、心臓病なども隠れている場合があるので浮腫みが長く続く場合は医療機関へ行くことをおすすめします。それ以外ではやはり寒さや冷えが原因の方が多いようです

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが