検索

バイオリズムと運動

皆さんも周期リズムなんて聞いたことはあるかと思います。医学的にも研究されていますがその中でPSI学説があります。

P=Physical(身体) S=Sensitivity(感情) I=Intellectual(知性)頭文字をとってこの三つの好調不調が現れる一定の周期をバイオリズム理論と言います。皆さん普段生活していても体調がすぐれた時とすぐれない時があるように身体には必ず波があります。男性はその周期が23日、女性は28日と言われています。まあこれも前後しますし現代の生活では仕事や家庭環境などもありますし日本みたいな春夏秋冬があり温度差が激しいと中々リズムも難しいかもしれません。でもアスリートにこれを当てはめると競技の好不調の波がよくわかるようです。私は大ざっぱに見て3週間リズムでも構わないとみています。3週間リズムでトレーニングや好不調を見ていくと自分の波がよくわかっていくようです。 実は湯治文化が21日なんですね。大体不調や病気で湯治に向かった場合3週間と言われていました。今考えればこのバイオリズムにぴったりと当てはまります。しいていえば落ちた体力や体調を元に戻すのに3週間はかかるということです。湯治の場合はそれをもとに入浴や運動、睡眠を整えていきます。もちろん疲れが出たときは入浴せず休みます。それも大体3日リズムが多く 3×7で21日ですよね。 これはアスリートにも言えることです。3日ハードなトレーニングをすれば必ず疲労は溜まります。その翌日はしっかり休むことです。その休み方も個人差がありますし疲れ具合も違いますが最低でも行ったトレーニング時間くらいは睡眠とは別に身体を休めるのが良いと思います。日々りズムでも言えることですが、トレーニングは時間や強度もありますが必ず休みを入れていかないと疲労がたまっていきます。疲れは感情にも知性にも影響します。その日休んだから大丈夫といえばそうなんですが3週間リズムで見ると無理が重なると必ずどこかで疲れが出てしまうものです。トレーニングの負荷は徐々にです。ピーキングが上手い方はそれが日常管理上手に出来ている方だと思います。皆さんも是非バイオリズム3週間単位でトレーニングや体調管理を参考にしてみるとよいかもしれません。

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています