検索

パーキンソン病の話

居士会の治療院にはパーキンソン病の方々もいらっしゃいます。この病気はドーパミンの不足により身体が思うように動かなくなってしまう病気です。今はドーパミン投与でだいぶ動きは改善するのですがやはり個人差があるようでだんだんと身体が思うように動かないこともあるようです。

そんな時にこの調身法とラジウム岩盤浴で動きが改善する方が多いのです。まずは身体のこわばり、寒さ、この二つは大敵で冬場に調子の悪くなる患者さんが多いのですが調身法で身体を刺激して岩盤浴で温まると、とくに動きがよくなるようです。特にラジウムは間脳に刺激になり特に脳関係の難病にはよいといわれています。そこに身体を温める温熱と調身法で身体がとても動きやすくなるのだと思います。以前バドガシュタインへパーキンソン病の方と湯治に行った時も2週間の湯治と調身法でかなり動きがよくなりとても驚いておりました。ですので狭山分院の岩盤浴はとても上質なラジウム岩盤浴がありますので是非パーキンソン病の方たちに利用していただきたいです。

43回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

怪我をする前に

自転車に限らずスポーツに怪我はつきものです。競技系のスポーツをしていれば怪我に悩まされる方の多いこと。アクシデント系の怪我なら治療やリハビリで実質休まなければいけませんが、通常の練習やトレーニングなどで痛める方も多いと思います。スポーツとして楽しんでいる方でも怪我は多いのですが大抵無理をしたりトレーニング不足やケア不足などがあります。トレーニングも楽しんでくると徐々に負荷が上がります。目に見えるよ

自粛疲れ

GWも終わり日常生活も戻りつつあります。しかし連休前から東京では緊急事態宣言が出されせっかくのお休みも自宅近辺で過ごすはめになった方も多いと思います。 さすがにもう一年以上もこの状態が続いていて、何か対策もないまま自粛自粛と精神的に疲れてしまっている方も多いようです。 働いている世代はテレワークが定着し運動不足の方が治療院によくみえるようになりました。 あとは高齢者ですが真面目な方は家からほとんど

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完