検索

パーキンソン病の話

居士会の治療院にはパーキンソン病の方々もいらっしゃいます。この病気はドーパミンの不足により身体が思うように動かなくなってしまう病気です。今はドーパミン投与でだいぶ動きは改善するのですがやはり個人差があるようでだんだんと身体が思うように動かないこともあるようです。

そんな時にこの調身法とラジウム岩盤浴で動きが改善する方が多いのです。まずは身体のこわばり、寒さ、この二つは大敵で冬場に調子の悪くなる患者さんが多いのですが調身法で身体を刺激して岩盤浴で温まると、とくに動きがよくなるようです。特にラジウムは間脳に刺激になり特に脳関係の難病にはよいといわれています。そこに身体を温める温熱と調身法で身体がとても動きやすくなるのだと思います。以前バドガシュタインへパーキンソン病の方と湯治に行った時も2週間の湯治と調身法でかなり動きがよくなりとても驚いておりました。ですので狭山分院の岩盤浴はとても上質なラジウム岩盤浴がありますので是非パーキンソン病の方たちに利用していただきたいです。

41回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

関節痛

年明けになり寒い日が続きます。お年寄りにはポピュラーな病気ですが比較的冬の時期若い方でも関節痛は出やすいのです。原因は人により違いますが大まかに言えば寒さによる血行不良が多いです。本来筋肉には豊富に血流があり筋温も動いたりすれば上がります。しかし関節はどうでしょうか膝、肘、足首など痛みが出やすい関節には大きな筋肉はありません。ほとんど靭帯や骨で構成されています。また関節には厄介なんですが痛みを感受

基礎疾患の怖さ

今年も年の瀬が迫る頃にコロナウイルスの勢いは止まりません。 昨日は残念なニュースが飛び込んできました。羽田雄一郎議員がコロナウイルスの肺炎で死去してしまいました。私の亡き父は雄一郎さんの父羽田孜さんとはとても懇意にしていたので父が生きているときはよく家族で温泉湯治にも行ってました。羽田さんは温泉が多い長野県の方なので温泉が医療や健康に絶対良いはずだと常々言っていました。当時湯治によく行っていた父と

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477