検索

マッサージ後の疲れやだるさ

マッサージや指圧をしたあとのだるさを皆さんも経験したことがあるのではないでしょうか。

それは良い悪いというのではなく身体の反応なのです。もちろん普段から受けなれている方や、たまにしか受けない方にも疲れ方が違いますしその方の身体の状態にもかなり左右されます。例えばデスクワークで疲れが溜まりに溜まっていてストレスもあるような状態の方がいたとします。そんな方は交感神経が過多でかなり身体が硬く突っ張っている方が多いのですが、このような方に施術をすると大抵だるさが出ます。マッサージや指圧は外部から刺激を加えるわけです。作用すれば必ず反作用が出ます。突っ張っている筋肉を解し筋肉の血流をよくして、リンパ循環を流せば必ず身体のほうで反応が出るのは当たり前のことなのです。そうすることによって疲れを出しリンパ循環を良くして老廃物を出すわけです。身体が弛むと今度は副交感神経優位になり眠くなったり怠くなったりするわけです。東洋医学では補寫(ほしゃ)といって身体の気を虚実に置き換え虚の場合は補で補い。実の場合は寫で散らす刺激と言われています。簡単に大ざっぱにいうと先ほどのたとえの人は実の方で神経緊張や身体が硬すぎるため刺激の強度によって手技を施し緩めて気を散らす治療と思っていただければ理解出来ると思います。本来ならそのくらい身体が緊張して辛い状態なのです。自律神経は幅があるほうがよく普段は副交感神経優位のほうが良いのですが仕事や運動のストレスで交感神経過多の方が多いような気がします。マッサージや指圧によってむしろ疲れを引き出しているようなのですが、それはむしろ身体の平衡を保つための身体に必要なことだと思ってください。まあ大体どんなにひどい疲れが出る方でも2日もすれば体調が戻るので、それだけ身体を休めることが必要な状態だったとゆうことです。むしろプロスポーツ選手はマッサージを受けなれていて、その後きちんと身体を休めることをしますが、一般のスポーツ愛好者の方のほうが仕事や家庭の雑用で実は身体にはかなり負担がかかっている状態だと思います。個人差もありますが,仕事をしながらや家事のことをしながら身体や神経を休めるのは大変だと思います。

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

筋肉痛

皆さんも運動後に筋肉痛になることは多いのではないでしょうか。筋肉痛は元々遅発性筋痛と言います。運動後に痛みがくるからです。どちらかと言えば伸展動作の筋肉を痛めやすいのですが運動不足やいつもと違う動きをした時にもなることがあります。特段筋トレをしない方でもたまにランニングやちょっとした重労働をした時にも発生します。私は自転車競技をしていますがやはり普段より強度が高かったり坂を長く走ったりすればたまに

関節痛

年明けになり寒い日が続きます。お年寄りにはポピュラーな病気ですが比較的冬の時期若い方でも関節痛は出やすいのです。原因は人により違いますが大まかに言えば寒さによる血行不良が多いです。本来筋肉には豊富に血流があり筋温も動いたりすれば上がります。しかし関節はどうでしょうか膝、肘、足首など痛みが出やすい関節には大きな筋肉はありません。ほとんど靭帯や骨で構成されています。また関節には厄介なんですが痛みを感受

基礎疾患の怖さ

今年も年の瀬が迫る頃にコロナウイルスの勢いは止まりません。 昨日は残念なニュースが飛び込んできました。羽田雄一郎議員がコロナウイルスの肺炎で死去してしまいました。私の亡き父は雄一郎さんの父羽田孜さんとはとても懇意にしていたので父が生きているときはよく家族で温泉湯治にも行ってました。羽田さんは温泉が多い長野県の方なので温泉が医療や健康に絶対良いはずだと常々言っていました。当時湯治によく行っていた父と

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477