検索

マッサージ後の疲れやだるさ

更新日:2021年1月29日

マッサージや指圧をしたあとのだるさを皆さんも経験したことがあるのではないでしょうか。

それは良い悪いというのではなく身体の反応なのです。もちろん普段から受けなれている方や、たまにしか受けない方にも疲れ方が違いますしその方の身体の状態にもかなり左右されます。例えばデスクワークで疲れが溜まりに溜まっていてストレスもあるような状態の方がいたとします。そんな方は交感神経が過多でかなり身体が硬く突っ張っている方が多いのですが、このような方に施術をすると大抵だるさが出ます。マッサージや指圧は外部から刺激を加えるわけです。作用すれば必ず反作用が出ます。突っ張っている筋肉を解し筋肉の血流をよくして、リンパ循環を流せば必ず身体のほうで反応が出るのは当たり前のことなのです。そうすることによって疲れを出しリンパ循環を良くして老廃物を出すわけです。身体が弛むと今度は副交感神経優位になり眠くなったり怠くなったりするわけです。東洋医学では補寫(ほしゃ)といって身体の気を虚実に置き換え虚の場合は補で補い。実の場合は寫で散らす刺激と言われています。簡単に大ざっぱにいうと先ほどのたとえの人は実の方で神経緊張や身体が硬すぎるため刺激の強度によって手技を施し緩めて気を散らす治療と思っていただければ理解出来ると思います。本来ならそのくらい身体が緊張して辛い状態なのです。自律神経は幅があるほうがよく普段は副交感神経優位のほうが良いのですが仕事や運動のストレスで交感神経過多の方が多いような気がします。マッサージや指圧によってむしろ疲れを引き出しているようなのですが、それはむしろ身体の平衡を保つための身体に必要なことだと思ってください。まあ大体どんなにひどい疲れが出る方でも2日もすれば体調が戻るので、それだけ身体を休めることが必要な状態だったとゆうことです。むしろプロスポーツ選手はマッサージを受けなれていて、その後きちんと身体を休めることをしますが、一般のスポーツ愛好者の方のほうが仕事や家庭の雑用で実は身体にはかなり負担がかかっている状態だと思います。個人差もありますが,仕事をしながらや家事のことをしながら身体や神経を休めるのは大変だと思います。

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています