検索

ミストサウナ

居士会ではミストサウナはもうかれこれ20年くらい前から薦めていますが、特に現代では排毒は重要です。昔に比べて薬、農薬、色々な化学物質など知らない間に体内に入って行きます。しかし元々我々は汗、便、尿などから排毒するシステムを持っているのです。しかしエアコンが進んだ現代では中々普段夏でも汗をかくことがなくなりました。しかも便秘など本来の排毒システムがとても弱っている方たちが多いこと。

そこで居士会では治療をする前にこのサウナに入る事をオススメしています。温まるのはもちろん入浴より身体にかかる負担が少なくよく汗が出ます。またラジウムを吸入することでより身体が温まるのです。最近では抗癌剤をやった後にこのサウナに入る患者さんがとても多くなりました。皆さん入り終わった後とても身体が楽になるそうです。それもそのはずで抗癌剤を体内に入れればそれを早く出さなければどんどん身体にダメージがあるそうです。あるがんセンターの先生などは抗癌剤終了後強制的に水を大量に飲ませて尿を出してくれといったこともあるそうです。抗癌剤が残ると免疫力が上がらなくなってしまうので終了後は次回の抗癌剤のためにもとにかく身体から早く出してくださいといわれていた患者さんもいました。利尿剤を飲ませてでも尿をだしたかったようです。そう考えればこのミストサウナで自然と汗が大量に出れば同じこと。皆さん身体がとても軽くなるわけです。もちろん健康な方も入っていただければ現代の老廃物を排泄するのにはとても有効だと思います。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完

マインドフルネスと禅

昨今マインドフルネスという言葉を盛んに見かけると思います。 要約すれば瞑想ですが医療心理学的にはジョンガバットジンが心理学の集点化理論と組み合わせて臨床的に体系化したもので心をリラックスしたりストレスを緩和したり思考を制御したりするものと言われています。日本人から見れば心理学的治療に見えますが実は東洋思想仏教の禅から由来されてると言われています。 私は幼少から父の影響で坐禅を組むことをよくしていま

胃腸障害

ここ最近胃腸障害の患者さんが多いようです。 やはり自粛生活による運動不足やストレスなどで胃腸の調子が悪い方がいます。 胃もたれや食後の胸焼け、お腹の膨満感など人により様々ですが 長く続く場合は病院での検査を勧めています。 食べ過ぎ飲みすぎなら解るのですがどうも自宅に長くこもっていたり 普段の生活がなかなか思うようにいかないようなストレスを抱えている方が ほとんどでした。長い間ストレスがあると胃腸の

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477