検索

ランナーの疲労

以前患者さんの紹介で箱根駅伝に出場している強豪大の選手達の治療していました。彼らはもちろん強靭な肉体の持ち主だが、やはり練習量が半端ではない。一般ランナーとは走る距離がまったく違う。高校生などから怪我をして引きずっている子もいる。ある意味そこまで追い込んでそれに耐えられないと箱根の舞台では活躍できないのだろう。

まず思うのは成長期である高校生~大学生前半などはまだ骨や靭帯、筋肉は成長過程であると私は思っている。 もちろん個人差もあるが無闇に走りこみすぎたりするのはどうかと思うのです。

ある段階からの追い込みや走りこみはもちろん有効だと思う。それは人それぞれ同じ年齢でも発達成長が違う気がします。

それを踏まえても学生時代に結果を求められるのもかなり過酷だとは思います。

しかしいくら若いとはいえ走れば疲労がたまってきます。それに伴い、身体のフォームが崩れその状態で走っていると怪我をしやすくなるのだと思います。

そのあたりの疲労蓄積も年齢はあまり関係ないと思うのです。(もちろん回復力は若い方が早い)

ですので質の高い走りを考えながら追い込みながらやるにはきちんと疲労(筋肉、精神的)を取ることが重要だと思うのです。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

怪我をする前に

自転車に限らずスポーツに怪我はつきものです。競技系のスポーツをしていれば怪我に悩まされる方の多いこと。アクシデント系の怪我なら治療やリハビリで実質休まなければいけませんが、通常の練習やトレーニングなどで痛める方も多いと思います。スポーツとして楽しんでいる方でも怪我は多いのですが大抵無理をしたりトレーニング不足やケア不足などがあります。トレーニングも楽しんでくると徐々に負荷が上がります。目に見えるよ

自粛疲れ

GWも終わり日常生活も戻りつつあります。しかし連休前から東京では緊急事態宣言が出されせっかくのお休みも自宅近辺で過ごすはめになった方も多いと思います。 さすがにもう一年以上もこの状態が続いていて、何か対策もないまま自粛自粛と精神的に疲れてしまっている方も多いようです。 働いている世代はテレワークが定着し運動不足の方が治療院によくみえるようになりました。 あとは高齢者ですが真面目な方は家からほとんど

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完