top of page
検索

リウマチの予防

師走も近づいてきてめっきり寒くなりました。

寒くなると今まで平気だった病気が出てくることが良くあります。関節リウマチで悩んでいる方はとても多いと思います。最近はステロイド剤とリウマチ薬がよくなったので痛みをだいぶコントロール出来ているようですが、やはり痛みが我慢できない以外は投薬は避けたいです。過去患者さんも見てきても長くステロイド薬を飲んでいる方の方が痛みに対する感受性が高く治りにくいようです。逆に初期の時に痛みが我慢できない時だけ薬を使い後は徐々に投薬を減らしていった方のほうが治りはよかったようです。まず私の治療院では徹底的に温めます。ラジウムサウナや岩盤浴で基礎体温を上げて汗をかかせます。特に腰部の腎臓付近を良く温めます。後はリンパの流れを中心に治療をします。その後は治療を続けると人によって痒みや湿疹など出る方もいます。玉川温泉でも湯治をしていくと同じく出てきます。ある意味免疫システムの変化期です。自宅でも出来ることは入浴です。リウマチの方は特に寒く朝動かなく痛みがあることが多く朝の入浴を勧めています。後は足湯です。たとえ痛みが腕の関節でも一日の中で足湯なら何回も出来ますので勧めています。私は温泉の湯の花を入れるのがオススメです。出来れば歩ける方は少しでも歩きましょう。あとは食事を食べ過ぎないことと(腹6分くらいでよいです)昆布に椎茸だしで色々つくり抗炎症効果のあるレンコン、ねぎ、しょうが、大根(根菜が多いです)などを多く取り入れあとはゴマに玄米が理想ですがバランスも考えて食事をします。リウマチは免疫が強すぎる病気でもあります。ストレスを減らしそこを平衡にするのが無理なく痛みを和らげることになるようです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠と運動習慣

忙しい社会人ですと中々時間が取れずに早朝や夜間にトレーニングをする方が大半だと思います。 まず睡眠の質を考えればアスリートは8時間以上が推奨されてます。社会人アスリートはまずそこでかなり無理なような気もしますね。しかし睡眠中に体内疲労が除去されるのは明白で一流アスリートは軒並み8時間以上寝てる方が多いようです。ちなみに大谷翔平は昼寝を含めて10時間以上寝てるようです。 普通の方でも運動習慣を続けれ

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

Comments


bottom of page