検索

リウマチの予防

師走も近づいてきてめっきり寒くなりました。

寒くなると今まで平気だった病気が出てくることが良くあります。関節リウマチで悩んでいる方はとても多いと思います。最近はステロイド剤とリウマチ薬がよくなったので痛みをだいぶコントロール出来ているようですが、やはり痛みが我慢できない以外は投薬は避けたいです。過去患者さんも見てきても長くステロイド薬を飲んでいる方の方が痛みに対する感受性が高く治りにくいようです。逆に初期の時に痛みが我慢できない時だけ薬を使い後は徐々に投薬を減らしていった方のほうが治りはよかったようです。まず私の治療院では徹底的に温めます。ラジウムサウナや岩盤浴で基礎体温を上げて汗をかかせます。特に腰部の腎臓付近を良く温めます。後はリンパの流れを中心に治療をします。その後は治療を続けると人によって痒みや湿疹など出る方もいます。玉川温泉でも湯治をしていくと同じく出てきます。ある意味免疫システムの変化期です。自宅でも出来ることは入浴です。リウマチの方は特に寒く朝動かなく痛みがあることが多く朝の入浴を勧めています。後は足湯です。たとえ痛みが腕の関節でも一日の中で足湯なら何回も出来ますので勧めています。私は温泉の湯の花を入れるのがオススメです。出来れば歩ける方は少しでも歩きましょう。あとは食事を食べ過ぎないことと(腹6分くらいでよいです)昆布に椎茸だしで色々つくり抗炎症効果のあるレンコン、ねぎ、しょうが、大根(根菜が多いです)などを多く取り入れあとはゴマに玄米が理想ですがバランスも考えて食事をします。リウマチは免疫が強すぎる病気でもあります。ストレスを減らしそこを平衡にするのが無理なく痛みを和らげることになるようです。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています