top of page
検索

入浴で疲労回復と温まろう

師走になり寒さも本格的になってきました。 

仕事や外の運動から帰宅すると体が冷え切ってます。

まずは熱いお風呂にジャブンと浸かるのも良いのですが、効率よく温まり身体の疲れをとる入浴法があります。特に強めの運動をした後はまず入浴前に少しでも良いのでタンパク質や炭水化物を補給します(プロテインや豆乳一杯など)。その後38度から39度のぬる湯が良いと思います。入浴時間は10分から15分です。やはりぬる湯は副交感神経を刺激して血管拡張機能があるので素早く筋肉に栄養素を運ぶのには最適です。またとてもこの温度はリラックス効果があり冷めにくいです。昨今の入浴剤も使うと尚リラックス効果や温まり効果はあります。私はたまに温泉の硫黄の湯の華や温素というアルカリ性入浴剤をよく使います。逆に熱い湯に入ると交感神経が活性して動きやすくなります。例えば朝疲れて動きにくい時とか、観光など温泉地などから高速道路でこれから帰宅するのに眠くなったりした時には、熱い湯で短時間さっぱりしてから運転や行動をするとよいでしょう。温冷浴も湯冷めしにくいですが真冬は冷たいシャワーは厳しいのでお好みで。最近はヒートショックプロテイン入浴法もあるのですがあまり熱い湯に入り慣れてない方は翌日疲れを伴いますので運動後疲労が強い場合にはあまりお勧めしませんが、体調管理の一環や疲労がないときの体力増強にはよい入浴法ですので挑戦してパフォーマンスアップや健康維持をしたい方はトライしてみるのも良いかと思います。





閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠と運動習慣

忙しい社会人ですと中々時間が取れずに早朝や夜間にトレーニングをする方が大半だと思います。 まず睡眠の質を考えればアスリートは8時間以上が推奨されてます。社会人アスリートはまずそこでかなり無理なような気もしますね。しかし睡眠中に体内疲労が除去されるのは明白で一流アスリートは軒並み8時間以上寝てる方が多いようです。ちなみに大谷翔平は昼寝を含めて10時間以上寝てるようです。 普通の方でも運動習慣を続けれ

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

Comentarios


bottom of page