top of page
検索

内臓脂肪型肥満


最近電車に乗ると以前に比べて通勤電車で小太りの男性が増えたような気がします。

やはりコロナ中で運動不足や食事の乱れがあり肥満体になる方が

増えているようです。現実にもコロナ最中にテレワークや運動不足などで太った方が増えたとのデータがありました。

その中でも内臓脂肪はあまりよくありません。内臓周辺に蓄積する脂肪は

代謝が盛んで血中脂質濃度を高めてしまいます。インスリン抵抗性も悪くなり

脂質異常や糖尿病、高血圧になりやすくなります。

元々通勤で1日7,8000歩歩いていた方がテレワークになり半分以下の

歩数になったり、食事もバランスの良い社食だったのが家食になり

コンビニ弁当や好きな揚げ物などバランスの悪い食事になれば数か月で

すぐに体重は増えていくでしょう。

中年太りとは言わば基礎疾患持ちになりやすい入り口になってしまいます。

対策としてはやはり食事制限や見直し、自宅でできる運動や朝晩の散歩で以前と

同じ歩数を歩くようにすることです。便利なのは良いのですが自宅から動かないのは

やはり運動不足になるので秋になれば暑さも落ち着くので積極的に外に出るのも良いと思います。家にいて疲れたら私の治療院で指圧やマッサージもおすすめです。





閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠と運動習慣

忙しい社会人ですと中々時間が取れずに早朝や夜間にトレーニングをする方が大半だと思います。 まず睡眠の質を考えればアスリートは8時間以上が推奨されてます。社会人アスリートはまずそこでかなり無理なような気もしますね。しかし睡眠中に体内疲労が除去されるのは明白で一流アスリートは軒並み8時間以上寝てる方が多いようです。ちなみに大谷翔平は昼寝を含めて10時間以上寝てるようです。 普通の方でも運動習慣を続けれ

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

Comments


bottom of page