検索

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのがそのうち運動後に痛みに変わってきて最後には痛めてしまってる方々をよく見かけます。痛めてしまうとそこで運動も出来なくなってしまいますし場合によっては長引いてしまいます。


対処法

その1

まずはいきなり高強度などで走らないことです。ウォーミングアップをしながら身体が温まってくるまで無理をしないことです。冬場は寒いため身体の末端が冷えます。なぜかといえば寒いため身体の中心部に血液を増やすため末端の手足が血流不足になります。そのため血管が収縮して手足が冷えるのです。そのため身体が温まるまで手足が冷えた状態などに、とくに関節は筋肉量が少ないので痛めやすくなるわけです。

その2

ホットオイルなどを走る前に塗り込む。これはスポーツ現場では当たり前のことですが、案外やらない方が多くこれを塗るだけでも関節の動きがだいぶ違います。特に真冬は膝や腰、末端の関節に塗り込んでおくと痛めるリスクは軽減します。

その3

サポーターやタイツなど冷やさないようにする。自転車の方はウィンドブロック系のタイツやランナーの方ならサポーターなど冷たい風を関節から守るためにも重要です。


また冬のライドや運動は通常よりカロリーや体の消耗も激しいので無理せず違和感を覚えたらすぐに休憩や走るのを控えましょう。日中暖かくなってから走るのも良いですね。

もちろん運動後は体を温めてからマッサージやケアも忘れずに。そうすることで冬の運動も乗り越えられるはずです。

                 予約サイト↓







         







        








閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近ニュースで見たのが結構衝撃的でした。アメリカの成人75%が過体重だということ。また働き盛の40から60代で平均がbmi30以上と耳を疑いましたが現実だそうです。アメリカは肥満大国と言われていましたが現代でもあまり肥満度は変化ないようで驚きでした。特にここ3年はコロナ渦で自宅で過ごす時間が増えてきて運動不足で太る方も多かったと思いますが日本人も中年に限れば電車内を見渡すとお腹が出てる方が多く見受

運動や仕事後に疲れも溜まります。もちろんその後ゆっくり過ごせば人間は基本回復するものです。動物も基本狩りをしているとき以外は結構ダラダラしてることが多いですよね。 しかし人間はそうはいきません。仕事が終わったら自宅では家事育児。運動も朝など習慣化していてもその後仕事に向かわなければいけません。 そうそうのんびりできる環境などないですよね。 そうなると早めに疲れをとるのでしたら回復力は早くする習慣も

最近寒さが厳しく朝晩は東京でも気温が低い日が続きます。最近患者さんの傾向ですが浮腫が気になる方が増えてきました。いわゆる立ち仕事や一日着座の仕事で浮腫む方も多いのですがもう昼ぐらいから浮腫んだり、朝起きたら浮腫んでいたりと色々です。浮腫は腎臓病や膠原病、心臓病なども隠れている場合があるので浮腫みが長く続く場合は医療機関へ行くことをおすすめします。それ以外ではやはり寒さや冷えが原因の方が多いようです