検索

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのがそのうち運動後に痛みに変わってきて最後には痛めてしまってる方々をよく見かけます。痛めてしまうとそこで運動も出来なくなってしまいますし場合によっては長引いてしまいます。


対処法

その1

まずはいきなり高強度などで走らないことです。ウォーミングアップをしながら身体が温まってくるまで無理をしないことです。冬場は寒いため身体の末端が冷えます。なぜかといえば寒いため身体の中心部に血液を増やすため末端の手足が血流不足になります。そのため血管が収縮して手足が冷えるのです。そのため身体が温まるまで手足が冷えた状態などに、とくに関節は筋肉量が少ないので痛めやすくなるわけです。

その2

ホットオイルなどを走る前に塗り込む。これはスポーツ現場では当たり前のことですが、案外やらない方が多くこれを塗るだけでも関節の動きがだいぶ違います。特に真冬は膝や腰、末端の関節に塗り込んでおくと痛めるリスクは軽減します。

その3

サポーターやタイツなど冷やさないようにする。自転車の方はウィンドブロック系のタイツやランナーの方ならサポーターなど冷たい風を関節から守るためにも重要です。


また冬のライドや運動は通常よりカロリーや体の消耗も激しいので無理せず違和感を覚えたらすぐに休憩や走るのを控えましょう。日中暖かくなってから走るのも良いですね。

もちろん運動後は体を温めてからマッサージやケアも忘れずに。そうすることで冬の運動も乗り越えられるはずです。

                 予約サイト↓







         







        








43回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています

寒さと腰痛

10月に入り朝晩の寒さが本格的になってきました。今年は寒くなるのが早いようです。 さて寒くなると結構腰痛の患者さんが増えます。 腰痛といってもその原因は様々あるのですが85%の腰痛は非特異性腰痛といって原因不明なのがほとんどです。残りの15%が内蔵の病気、神経の障害、ヘルニアや狭窄症などレントゲンなどで特定できる腰痛です。いうなれば85%の腰痛は筋肉由来か椎間関節や神経痛です。 筋肉由来であればマ