検索

力の入れ方抜き方

最近は筋トレブームでトレーニングに励む方も多くいらっしゃいます。力を入れることはとても意識しやすく筋肉も増えていくのでとても満足感があります。

ところがいざ色々なスポーツの場面では力を入れる、力を抜くの連続です。思うに一流アスリートはパワーもありますが力の抜き方も熟知している天才なのではないでしょうか。


マッサージや指圧でもたまにいらっしゃるのですが力を抜いてくださいと言っても余計に硬くなる方もいます。これは人の防御センサーが働くことで筋緊張をするようにできているからです。元々無自覚で普段から体が力みやすく呼吸も浅い方もたくさんいます。

力むのは出来ても力を抜くのが苦手な方がとても多いように思います。


立っていたり座っていても姿勢筋が働いているので完全脱力は難しいですが、部分部分で力みをとることはできます。一番簡単な方法は仰向けになり思いっきり背伸びをすることです。動物も良くやってますよね。背伸びすると一瞬力みますがそのあと脱力するのが分かるはずです。ストレッチなど苦手な方もできるので是非やってみるとよいと思います。


座りながらでも力んでる部分を一瞬力を入れてそのあと脱力させると力みは取れやすいですがこれも個人差があり中々できない方も多いです。深呼吸しても良いですしそもそも身体が力みやすい方は神経緊張が高い状態でもあるのでもっと生活に力みをなくすことも必要かもしれません。私はそんな方にはがっつり指圧してしまうのですがその方が体が疲労してのちに緩んでくるので承知の上で施術することもあります。今は身体も心も緩みにくい時代かもしれませんね。

#身体の力み

#力の抜き方

#ストレス




86回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

寒さと腰痛

10月に入り朝晩の寒さが本格的になってきました。今年は寒くなるのが早いようです。 さて寒くなると結構腰痛の患者さんが増えます。 腰痛といってもその原因は様々あるのですが85%の腰痛は非特異性腰痛といって原因不明なのがほとんどです。残りの15%が内蔵の病気、神経の障害、ヘルニアや狭窄症などレントゲンなどで特定できる腰痛です。いうなれば85%の腰痛は筋肉由来か椎間関節や神経痛です。 筋肉由来であればマ

筋肉と関節

皆さんが意識する筋肉は骨格筋と言って体を動かす筋肉はこちらになります。関節と関節をスムースに動かすためです。筋肉にはあと不随異筋と随意筋に分かれます。 骨格筋でも姿勢維持筋は静止していても常に緊張しているので痛みやコリなど感じやすいです。また運動など手足を伸展屈曲する運動が入るとこちらも疲労します。姿勢筋と違い過度になれば筋肉痛になります。大抵エキセントリックの動きが負荷が大きいので筋肉痛にはなり

指圧とマッサージの違い

皆さんもよくマッサージは受ける方が多いのではないでしょうか、本来手技療法である按摩マッサージ指圧は国家資格が必要です。資格を得るには3年学校に通い医療や実技を学びます。その後卒業できた方が国家資格試験を受けるのでまず医療知識や手技も安定的なレベルであるといえます。しかし最近街中では無資格マッサージがほとんどで私から見ても保健衛生上昨今のコロナ関連換気面や衛生面から見ても大丈夫かと思ってしまいます。