検索

台湾北投温泉ツアー2 2013

さて北投温泉では4種類の温泉が出ます。

  青湯 (皮膚病、筋肉痛、高血圧、低血圧、神経痛 リウマチ等)   白湯 (関節炎、皮膚病、婦人病、リューマチなど)   鉄湯 (神経痛、皮膚病、リューマチ、痛風など) 炭酸泉(動脈硬化、新陳代謝促進、高血圧など) 私たちは特に青湯をメインの入りますが、ここは3日も入っていると皮膚湿疹がでる方が多く肌の弱い方はヒリヒリして入れなくなる場合があります。しかし北投の白湯はこの肌湿疹を改善する効果があり青湯できつくなったら白湯に入る事も可能です。今回は4泊5日でしたが、初めての参加の方も多く、5日間でこんなに温泉に入ったのは初めてという方も多かったです。しかし適切に入浴し、きちんと体を休めていれば体はどんどん回復していきます。 残念ながら北投温泉では飲泉療法がまったく薦められていないので北投地区などできちんと成分を分析して飲用に適した分量を確かめて、玉川温泉やヨーロッパの飲泉療法をぜひこちらでも実践していただきたいと思っています。

北投には仏教交流会館があり非常に皆さん熱心に信仰しています。そのせいか素食文化も根付いているのですね。続く

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

最近ニュースで見たのが結構衝撃的でした。アメリカの成人75%が過体重だということ。また働き盛の40から60代で平均がbmi30以上と耳を疑いましたが現実だそうです。アメリカは肥満大国と言われていましたが現代でもあまり肥満度は変化ないようで驚きでした。特にここ3年はコロナ渦で自宅で過ごす時間が増えてきて運動不足で太る方も多かったと思いますが日本人も中年に限れば電車内を見渡すとお腹が出てる方が多く見受

運動や仕事後に疲れも溜まります。もちろんその後ゆっくり過ごせば人間は基本回復するものです。動物も基本狩りをしているとき以外は結構ダラダラしてることが多いですよね。 しかし人間はそうはいきません。仕事が終わったら自宅では家事育児。運動も朝など習慣化していてもその後仕事に向かわなければいけません。 そうそうのんびりできる環境などないですよね。 そうなると早めに疲れをとるのでしたら回復力は早くする習慣も

最近寒さが厳しく朝晩は東京でも気温が低い日が続きます。最近患者さんの傾向ですが浮腫が気になる方が増えてきました。いわゆる立ち仕事や一日着座の仕事で浮腫む方も多いのですがもう昼ぐらいから浮腫んだり、朝起きたら浮腫んでいたりと色々です。浮腫は腎臓病や膠原病、心臓病なども隠れている場合があるので浮腫みが長く続く場合は医療機関へ行くことをおすすめします。それ以外ではやはり寒さや冷えが原因の方が多いようです