検索

台湾北投温泉ツアー2 2013

さて北投温泉では4種類の温泉が出ます。

  青湯 (皮膚病、筋肉痛、高血圧、低血圧、神経痛 リウマチ等)   白湯 (関節炎、皮膚病、婦人病、リューマチなど)   鉄湯 (神経痛、皮膚病、リューマチ、痛風など) 炭酸泉(動脈硬化、新陳代謝促進、高血圧など) 私たちは特に青湯をメインの入りますが、ここは3日も入っていると皮膚湿疹がでる方が多く肌の弱い方はヒリヒリして入れなくなる場合があります。しかし北投の白湯はこの肌湿疹を改善する効果があり青湯できつくなったら白湯に入る事も可能です。今回は4泊5日でしたが、初めての参加の方も多く、5日間でこんなに温泉に入ったのは初めてという方も多かったです。しかし適切に入浴し、きちんと体を休めていれば体はどんどん回復していきます。 残念ながら北投温泉では飲泉療法がまったく薦められていないので北投地区などできちんと成分を分析して飲用に適した分量を確かめて、玉川温泉やヨーロッパの飲泉療法をぜひこちらでも実践していただきたいと思っています。

北投には仏教交流会館があり非常に皆さん熱心に信仰しています。そのせいか素食文化も根付いているのですね。続く

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

足のトラブル

先日いらした膝痛の患者さんですがよくよく身体を診ていくと足の外反母趾が相当ひどい状態でした。もちろん膝の痛みが出ているのでX脚気味ではありますがどうも外反母趾を何とかしないと歩行に問題も出ています。もはや骨の変形がすすんでしまっていますが足のマッサージと指圧をするとアーチが戻り若干親指も開くようになりました。今後は自宅でもマッサージと足の指の筋トレとストレッチを指導して毎日やってもらうことにしまし

力の入れ方抜き方

最近は筋トレブームでトレーニングに励む方も多くいらっしゃいます。力を入れることはとても意識しやすく筋肉も増えていくのでとても満足感があります。 ところがいざ色々なスポーツの場面では力を入れる、力を抜くの連続です。思うに一流アスリートはパワーもありますが力の抜き方も熟知している天才なのではないでしょうか。 マッサージや指圧でもたまにいらっしゃるのですが力を抜いてくださいと言っても余計に硬くなる方もい

内臓脂肪型肥満

最近電車に乗ると以前に比べて通勤電車で小太りの男性が増えたような気がします。 やはりコロナ中で運動不足や食事の乱れがあり肥満体になる方が 増えているようです。現実にもコロナ最中にテレワークや運動不足などで太った方が増えたとのデータがありました。 その中でも内臓脂肪はあまりよくありません。内臓周辺に蓄積する脂肪は 代謝が盛んで血中脂質濃度を高めてしまいます。インスリン抵抗性も悪くなり 脂質異常や糖尿