検索

台湾紗帽山温泉

午前中に新北投温泉に浸かった後、タクシーで紗帽山温泉へ移動。所要時間約20分。思ったより近かったです。

こちらの温泉街は、「温泉レストラン」とでも言うのでしょうか、食事をしてお風呂に浸かるという形式のお店がたくさん並んでいます。今回はネットで事前に調べた際に評判の良かった「川湯」というお店へ。



日本的な建物が続いています。右手の受付で一人400元を支払い、温泉チケットを貰いました。新北温泉に浸かって、お腹がペコペコな私達は、まずは左手にあるレストランで食事をすることにしました。浴場はつきあたりにあります。


ちょっと頼みすぎました。食べ切れませんでした。味は、まぁまぁ美味しかったです。



腹ごしらえをしたところで温泉へ。

大浴場は撮影できませんでしたが、入り口を入ると脱衣場があり、鍵付のロッカーも完備。中は露天風呂になっており、温泉の他に水風呂、サウナ、打たせ湯などがあり、ちょっとした健康ランドのよう。

こちらの温泉の泉質は酸性硫黄泉で、やや青みがかった白色をしています。

ここに来る前に新北投温泉でラジウム泉の源泉に浸かった私には、こちらのお湯は「薄い・・・」って感じ。悪くはないけれど、お湯は断然、新北投温泉の方が良かったです。

ただ、平日の昼間にも関わらず浴室もレストランも現地の人で大変賑わっていましたから、こちらの人にはこのスタイルが人気なのでしょう。

次は台北市内で「素食」というベジタリアンのレストランを体験してきたので、紹介したいと思います。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

運動や仕事後に疲れも溜まります。もちろんその後ゆっくり過ごせば人間は基本回復するものです。動物も基本狩りをしているとき以外は結構ダラダラしてることが多いですよね。 しかし人間はそうはいきません。仕事が終わったら自宅では家事育児。運動も朝など習慣化していてもその後仕事に向かわなければいけません。 そうそうのんびりできる環境などないですよね。 そうなると早めに疲れをとるのでしたら回復力は早くする習慣も

最近寒さが厳しく朝晩は東京でも気温が低い日が続きます。最近患者さんの傾向ですが浮腫が気になる方が増えてきました。いわゆる立ち仕事や一日着座の仕事で浮腫む方も多いのですがもう昼ぐらいから浮腫んだり、朝起きたら浮腫んでいたりと色々です。浮腫は腎臓病や膠原病、心臓病なども隠れている場合があるので浮腫みが長く続く場合は医療機関へ行くことをおすすめします。それ以外ではやはり寒さや冷えが原因の方が多いようです

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが