検索

呼吸のコツ

巷では呼吸法が盛んです。特にヨガブームもあり呼吸法がたくさんあるので選ぶのも大変そうです。

以前ブログにも書いたのですが運動時には胸式呼吸か腹式呼吸かなど聞かれることもありますが肺自体は自前では呼吸できません周りについている胸郭など主動筋(横隔膜など)と協力筋(肋骨などについている筋)補助筋(胸や首、腰などの筋肉)で成り立っています。腹式呼吸は横隔膜を上下して行いますがその他補助筋も多く使います。しかし運動不足や横隔膜の働きが弱い方は補助筋である首や肩の筋肉また背部筋に緊張や負担があってそこが障害等の問題になることもあるのです。ある意味腹式呼吸がスムースに出来ればその他の筋群に負担が少なくなるので運動時や生活の中でも身体が楽になると思うのです。普段から腹式呼吸の練習は、胸郭やその他補助筋の緊張緩和になると思います。前にも書きましたが腹式呼吸のコツは吐く意識より息を長く吐ききることです。腹圧が弱いと吐ききることができない方がいるのですが仰向けに寝てお腹を意識して腹圧を感じながらやるとやりやすいかもしれません。逆に腹式をやっているときに肩や背中が張る方はもっと下腹部を意識して呼吸してみてください。腹式呼吸の吸気、横隔膜収縮時は肋骨が起点となり腹筋群が重要になるのでそちらを意識してみるのが良いかもしれません。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

運動や仕事後に疲れも溜まります。もちろんその後ゆっくり過ごせば人間は基本回復するものです。動物も基本狩りをしているとき以外は結構ダラダラしてることが多いですよね。 しかし人間はそうはいきません。仕事が終わったら自宅では家事育児。運動も朝など習慣化していてもその後仕事に向かわなければいけません。 そうそうのんびりできる環境などないですよね。 そうなると早めに疲れをとるのでしたら回復力は早くする習慣も

最近寒さが厳しく朝晩は東京でも気温が低い日が続きます。最近患者さんの傾向ですが浮腫が気になる方が増えてきました。いわゆる立ち仕事や一日着座の仕事で浮腫む方も多いのですがもう昼ぐらいから浮腫んだり、朝起きたら浮腫んでいたりと色々です。浮腫は腎臓病や膠原病、心臓病なども隠れている場合があるので浮腫みが長く続く場合は医療機関へ行くことをおすすめします。それ以外ではやはり寒さや冷えが原因の方が多いようです

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが