検索

呼吸のコツ

巷では呼吸法が盛んです。特にヨガブームもあり呼吸法がたくさんあるので選ぶのも大変そうです。

以前ブログにも書いたのですが運動時には胸式呼吸か腹式呼吸かなど聞かれることもありますが肺自体は自前では呼吸できません周りについている胸郭など主動筋(横隔膜など)と協力筋(肋骨などについている筋)補助筋(胸や首、腰などの筋肉)で成り立っています。腹式呼吸は横隔膜を上下して行いますがその他補助筋も多く使います。しかし運動不足や横隔膜の働きが弱い方は補助筋である首や肩の筋肉また背部筋に緊張や負担があってそこが障害等の問題になることもあるのです。ある意味腹式呼吸がスムースに出来ればその他の筋群に負担が少なくなるので運動時や生活の中でも身体が楽になると思うのです。普段から腹式呼吸の練習は、胸郭やその他補助筋の緊張緩和になると思います。前にも書きましたが腹式呼吸のコツは吐く意識より息を長く吐ききることです。腹圧が弱いと吐ききることができない方がいるのですが仰向けに寝てお腹を意識して腹圧を感じながらやるとやりやすいかもしれません。逆に腹式をやっているときに肩や背中が張る方はもっと下腹部を意識して呼吸してみてください。腹式呼吸の吸気、横隔膜収縮時は肋骨が起点となり腹筋群が重要になるのでそちらを意識してみるのが良いかもしれません。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

足のトラブル

先日いらした膝痛の患者さんですがよくよく身体を診ていくと足の外反母趾が相当ひどい状態でした。もちろん膝の痛みが出ているのでX脚気味ではありますがどうも外反母趾を何とかしないと歩行に問題も出ています。もはや骨の変形がすすんでしまっていますが足のマッサージと指圧をするとアーチが戻り若干親指も開くようになりました。今後は自宅でもマッサージと足の指の筋トレとストレッチを指導して毎日やってもらうことにしまし

力の入れ方抜き方

最近は筋トレブームでトレーニングに励む方も多くいらっしゃいます。力を入れることはとても意識しやすく筋肉も増えていくのでとても満足感があります。 ところがいざ色々なスポーツの場面では力を入れる、力を抜くの連続です。思うに一流アスリートはパワーもありますが力の抜き方も熟知している天才なのではないでしょうか。 マッサージや指圧でもたまにいらっしゃるのですが力を抜いてくださいと言っても余計に硬くなる方もい

内臓脂肪型肥満

最近電車に乗ると以前に比べて通勤電車で小太りの男性が増えたような気がします。 やはりコロナ中で運動不足や食事の乱れがあり肥満体になる方が 増えているようです。現実にもコロナ最中にテレワークや運動不足などで太った方が増えたとのデータがありました。 その中でも内臓脂肪はあまりよくありません。内臓周辺に蓄積する脂肪は 代謝が盛んで血中脂質濃度を高めてしまいます。インスリン抵抗性も悪くなり 脂質異常や糖尿