検索

呼吸の老化

世間ではコロナウイルスの悪化で肺炎になり亡くなる方がいます、そもそも病気が進行しているお年寄りは肺や免疫機能が弱っているのである意味仕方ないのかもしれません。

そこでタイトルの呼吸の老化です。

呼吸とは息を吸うと肺が膨らみ息を吐くと肺がしぼむ設定です。肺と肺の取り込む胸壁の間に胸腔がある。吸息筋で胸郭が広がると胸腔の圧力が低くなりそれに引っ張られて肺が膨らむのです。肺は自分で容積を広げられないのです。縮むのは別で、ある程度自動で縮みます。ゴムみたいなもので元のように戻ろうと働くんですね。ですので肺の弾性は残念ながら年とともに低下していきます。広がった肺をゴムのような柔軟性が落ちた肺には縮むのが十分できなくなってくる。そうすると最大限に吸ったところで肺から吐き出せる肺活量も減るわけです。お年の方が少し運動しただけで苦しくなるのは容量が少なくなるからです。


そこで老化は避けられないので肺を動かす呼吸筋を鍛えて衰えさせないようにすることです。胸式呼吸と腹式呼吸を意識的にやること。息を長く吐ききることを普段からお勧めします。元々肋間筋には筋肉の収縮状態を神経に伝える筋紡錘がありそのセンサーの反射で適切な呼吸が出来てます。しかし身体が硬かったり姿勢が悪かったりすると肋間筋の収縮がうまくいかずにセンサーがうまく働かなくてハアハアゼイゼイ余計に乱れた呼吸になりやすくなります。運動選手もそうですが特にエンデュランス系の方は胸郭周りや姿勢筋などはマッサージやストレッチで柔らかく動くようにしておくのも競技にはプラスになると思います。


129回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完

マインドフルネスと禅

昨今マインドフルネスという言葉を盛んに見かけると思います。 要約すれば瞑想ですが医療心理学的にはジョンガバットジンが心理学の集点化理論と組み合わせて臨床的に体系化したもので心をリラックスしたりストレスを緩和したり思考を制御したりするものと言われています。日本人から見れば心理学的治療に見えますが実は東洋思想仏教の禅から由来されてると言われています。 私は幼少から父の影響で坐禅を組むことをよくしていま

胃腸障害

ここ最近胃腸障害の患者さんが多いようです。 やはり自粛生活による運動不足やストレスなどで胃腸の調子が悪い方がいます。 胃もたれや食後の胸焼け、お腹の膨満感など人により様々ですが 長く続く場合は病院での検査を勧めています。 食べ過ぎ飲みすぎなら解るのですがどうも自宅に長くこもっていたり 普段の生活がなかなか思うようにいかないようなストレスを抱えている方が ほとんどでした。長い間ストレスがあると胃腸の

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477