検索

固有感覚受容器と自転車

リハビリなど片麻痺の患者さんを見ていると脳からのフィードバックだけではなく手足や筋肉、靭帯にも固有な感覚があります。

これを固有受容感覚といいます。筋肉が伸び縮めるのを命令してるのは脳ですが実はその他にも筋肉や靭帯には感覚器が合って目や脳の反応より早く固有に感覚を感じます。たとえばストレッチしていて頭では無理やりここまで伸ばそうとしても筋や腱がその前に断裂を防ぐ為に感覚的にストップをかけちゃいます。また電車の中で立っていたりした時揺れでぐらついたりしたとき、意識より先に筋肉や靭帯が感知してバランスをとるようなことをします。皆さんも意識せず発動してるはずです。しかしこと自転車は平衡感覚はもとよりこの固有感覚受容器がとても重要な気がします。たとえばロードで大きくゆっくりカーブを曲がるときにも目で確認して曲がります。比較的ゆっくりした動きは固有感覚受容器より目のフィードバックで体を動かしています。しかしロードレースは道がでこぼこだったり急に進路をふさがれたり、滑りやすい路面だったり状況は刻々と変化するものです。そこで目に追いつかない感覚を固有感覚が働いているのです。今年のツールドフランスの石畳区間を見ているとニーバリ選手は固有感覚受容器が発達した選手だなと思ったり、逆にうまく走らせられない選手は感覚がイマイチなど思いつつ見ていてためになりました。また優勝したのはシクロクロスチャンプのボーム選手なのが納得がいきます。そんなことを考えながらシクロクロスやMTBは固有受容感覚を鍛えるのにもかなり役立つんだなと思ったりしています。昨今落車が多いことにもつながっているのではないかと思いますし、ローラー台では鍛えられない感覚なのでやはりいろんな道を走るのはあらためて体には必要なことだと思いました。


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています