検索

坐骨神経痛

冬場になるとお尻や脚の方が痛んだり、しびれたりする方が多いと思います。いわゆる坐骨神経痛になる方が冬場は多くなります。

腰から臀部にかけて長い坐骨神経は、“ 総腓骨神経 ”(そうひこつしんけい)と、“ 脛骨神経 ”(けいひこつしんけい)に分かれ腰椎から足の指まで伸びています。

何らかの原因でここの神経が刺激や圧迫などされて臀部から脚に痛みやしびれが出ます。

大抵の原因は腰部脊柱の障害の原因が多く、いわゆる若い方はヘルニアや年配になると脊柱管狭窄症などが原因で痛みやしびれが出ます。

しかし坐骨神経痛の原因は色々で、運動選手などは梨状筋が圧迫されて臀部から痛みやしびれが出たり、大腿四頭筋が圧迫されて大腿皮神経痛になって脚の方まで痛みが出たり本当に個人にによっていろいろです。

その方の生活パターンや運動の有無などにより対処は違いますので、マッサージやストレッチが効く方、保存療法で温めて解消する方色々です。指圧やマッサージなども適応になるタイプもあるのでどのような痛みやしびれなどかは治療院や病院で診てもらいきちんと対処することをお勧めします。


44回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

寒さと腰痛

10月に入り朝晩の寒さが本格的になってきました。今年は寒くなるのが早いようです。 さて寒くなると結構腰痛の患者さんが増えます。 腰痛といってもその原因は様々あるのですが85%の腰痛は非特異性腰痛といって原因不明なのがほとんどです。残りの15%が内蔵の病気、神経の障害、ヘルニアや狭窄症などレントゲンなどで特定できる腰痛です。いうなれば85%の腰痛は筋肉由来か椎間関節や神経痛です。 筋肉由来であればマ

筋肉と関節

皆さんが意識する筋肉は骨格筋と言って体を動かす筋肉はこちらになります。関節と関節をスムースに動かすためです。筋肉にはあと不随異筋と随意筋に分かれます。 骨格筋でも姿勢維持筋は静止していても常に緊張しているので痛みやコリなど感じやすいです。また運動など手足を伸展屈曲する運動が入るとこちらも疲労します。姿勢筋と違い過度になれば筋肉痛になります。大抵エキセントリックの動きが負荷が大きいので筋肉痛にはなり

指圧とマッサージの違い

皆さんもよくマッサージは受ける方が多いのではないでしょうか、本来手技療法である按摩マッサージ指圧は国家資格が必要です。資格を得るには3年学校に通い医療や実技を学びます。その後卒業できた方が国家資格試験を受けるのでまず医療知識や手技も安定的なレベルであるといえます。しかし最近街中では無資格マッサージがほとんどで私から見ても保健衛生上昨今のコロナ関連換気面や衛生面から見ても大丈夫かと思ってしまいます。