検索

坐骨神経痛

冬場になるとお尻や脚の方が痛んだり、しびれたりする方が多いと思います。いわゆる坐骨神経痛になる方が冬場は多くなります。

腰から臀部にかけて長い坐骨神経は、“ 総腓骨神経 ”(そうひこつしんけい)と、“ 脛骨神経 ”(けいひこつしんけい)に分かれ腰椎から足の指まで伸びています。

何らかの原因でここの神経が刺激や圧迫などされて臀部から脚に痛みやしびれが出ます。

大抵の原因は腰部脊柱の障害の原因が多く、いわゆる若い方はヘルニアや年配になると脊柱管狭窄症などが原因で痛みやしびれが出ます。

しかし坐骨神経痛の原因は色々で、運動選手などは梨状筋が圧迫されて臀部から痛みやしびれが出たり、大腿四頭筋が圧迫されて大腿皮神経痛になって脚の方まで痛みが出たり本当に個人にによっていろいろです。

その方の生活パターンや運動の有無などにより対処は違いますので、マッサージやストレッチが効く方、保存療法で温めて解消する方色々です。指圧やマッサージなども適応になるタイプもあるのでどのような痛みやしびれなどかは治療院や病院で診てもらいきちんと対処することをお勧めします。


39回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

自粛疲れ

GWも終わり日常生活も戻りつつあります。しかし連休前から東京では緊急事態宣言が出されせっかくのお休みも自宅近辺で過ごすはめになった方も多いと思います。 さすがにもう一年以上もこの状態が続いていて、何か対策もないまま自粛自粛と精神的に疲れてしまっている方も多いようです。 働いている世代はテレワークが定着し運動不足の方が治療院によくみえるようになりました。 あとは高齢者ですが真面目な方は家からほとんど

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完

マインドフルネスと禅

昨今マインドフルネスという言葉を盛んに見かけると思います。 要約すれば瞑想ですが医療心理学的にはジョンガバットジンが心理学の集点化理論と組み合わせて臨床的に体系化したもので心をリラックスしたりストレスを緩和したり思考を制御したりするものと言われています。日本人から見れば心理学的治療に見えますが実は東洋思想仏教の禅から由来されてると言われています。 私は幼少から父の影響で坐禅を組むことをよくしていま