検索

基礎疾患の怖さ


今年も年の瀬が迫る頃にコロナウイルスの勢いは止まりません。

昨日は残念なニュースが飛び込んできました。羽田雄一郎議員がコロナウイルスの肺炎で死去してしまいました。私の亡き父は雄一郎さんの父羽田孜さんとはとても懇意にしていたので父が生きているときはよく家族で温泉湯治にも行ってました。羽田さんは温泉が多い長野県の方なので温泉が医療や健康に絶対良いはずだと常々言っていました。当時湯治によく行っていた父と意気投合していました。その時雄一郎さんは秘書をしていたのでよく湯治にも同行していました。政治家さんは健康面も重要ですので休みが取れればよく湯治に行き身体を整えていたのが懐かしい思い出です。

今回雄一郎さんは基礎疾患が3つもあり糖尿病、高血圧、高脂血症。この状態でコロナにかかり肺炎になれば血管もボロボロでしょうから若くても重症化すると思います。

ある意味このコロナウイルスは健康体の方は問題ないでしょうが、日本のような高齢者が多くたとえ中年の方も基礎疾患に引っ掛かり薬など服用している方が多いと思います。

ある意味基礎疾患がある中年以降の方々は誰でも危険があると思った方が良いと思います。

いかに今の日本が半病人が多い国だと思い知らされます。40代以上の方が健康診断をすると6割の方々が何か数値に引っ掛かるような状態ですからそれだけの危険があると思った方が良いでしょう。今一度健康とは何かを考える良い機会だと思います。転ばぬ先の杖といいますが健康は食事、運動、精神面とバランスよく生活してこそ保たれます。今の日本がいかに食事運動、働きすぎのストレスなどで身体を壊している方が多いことか。まずは基礎疾患にならないよう生活を整えたり運動不足や食事の乱れなど治しつつ、温泉や指圧マッサージなど身体を労わり生活することをお勧めします。なんせ温泉や指圧マッサージは血管を若かがえさせる効果も期待できますからね。

65回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

怪我をする前に

自転車に限らずスポーツに怪我はつきものです。競技系のスポーツをしていれば怪我に悩まされる方の多いこと。アクシデント系の怪我なら治療やリハビリで実質休まなければいけませんが、通常の練習やトレーニングなどで痛める方も多いと思います。スポーツとして楽しんでいる方でも怪我は多いのですが大抵無理をしたりトレーニング不足やケア不足などがあります。トレーニングも楽しんでくると徐々に負荷が上がります。目に見えるよ

自粛疲れ

GWも終わり日常生活も戻りつつあります。しかし連休前から東京では緊急事態宣言が出されせっかくのお休みも自宅近辺で過ごすはめになった方も多いと思います。 さすがにもう一年以上もこの状態が続いていて、何か対策もないまま自粛自粛と精神的に疲れてしまっている方も多いようです。 働いている世代はテレワークが定着し運動不足の方が治療院によくみえるようになりました。 あとは高齢者ですが真面目な方は家からほとんど

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完