検索

基礎疾患の怖さ


今年も年の瀬が迫る頃にコロナウイルスの勢いは止まりません。

昨日は残念なニュースが飛び込んできました。羽田雄一郎議員がコロナウイルスの肺炎で死去してしまいました。私の亡き父は雄一郎さんの父羽田孜さんとはとても懇意にしていたので父が生きているときはよく家族で温泉湯治にも行ってました。羽田さんは温泉が多い長野県の方なので温泉が医療や健康に絶対良いはずだと常々言っていました。当時湯治によく行っていた父と意気投合していました。その時雄一郎さんは秘書をしていたのでよく湯治にも同行していました。政治家さんは健康面も重要ですので休みが取れればよく湯治に行き身体を整えていたのが懐かしい思い出です。

今回雄一郎さんは基礎疾患が3つもあり糖尿病、高血圧、高脂血症。この状態でコロナにかかり肺炎になれば血管もボロボロでしょうから若くても重症化すると思います。

ある意味このコロナウイルスは健康体の方は問題ないでしょうが、日本のような高齢者が多くたとえ中年の方も基礎疾患に引っ掛かり薬など服用している方が多いと思います。

ある意味基礎疾患がある中年以降の方々は誰でも危険があると思った方が良いと思います。

いかに今の日本が半病人が多い国だと思い知らされます。40代以上の方が健康診断をすると6割の方々が何か数値に引っ掛かるような状態ですからそれだけの危険があると思った方が良いでしょう。今一度健康とは何かを考える良い機会だと思います。転ばぬ先の杖といいますが健康は食事、運動、精神面とバランスよく生活してこそ保たれます。今の日本がいかに食事運動、働きすぎのストレスなどで身体を壊している方が多いことか。まずは基礎疾患にならないよう生活を整えたり運動不足や食事の乱れなど治しつつ、温泉や指圧マッサージなど身体を労わり生活することをお勧めします。なんせ温泉や指圧マッサージは血管を若かがえさせる効果も期待できますからね。

70回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています