top of page
検索

季節の変わり目

先日の台風はすごいことになってしまいました。私も生きている中での一番のひどい台風でした。

さてこの時期季節の変わり目で急に寒くなったり台風などの影響で暑くなったりと身体に負担が大きいです。

そうなると体の持病が出やすくなります。過去の怪我による腰痛や神経痛、若い方は頭痛や身体のだるさなど色々出てきます。気圧や温度変化で自律神経が乱れるのが原因です。

対処法は色々あるのですが案外天地療法なんてのは昔からきいたことがありませんか。喘息や神経痛の方が寒いところから気圧の安定した暖かいところに行くなど聞いたことはあるのではないでしょうか。今なら良い痛み止めや屋内や家が暖かくなったのでそこまで必要ないかもしれませんが、案外ひどい神経痛やリュウマチなどの患者さんはこれが効くことも多いのは事実です。

以前リュウマチがひどい患者さんがいたのですが冬場台湾の温泉療法に行ったら全く痛みが出なくなったり神経痛がひどい患者さんが伊豆の暖かいところに引っ越したら神経痛が出にくくなったなどがありました。流石に忙しい現代人はそこまで余裕がありませんが、気圧の安定したところに2泊3日くらいの旅行に行くだけで改善するすることもあるので試してみるのも良いと思います。私なら温泉療法がオススメです。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠と運動習慣

忙しい社会人ですと中々時間が取れずに早朝や夜間にトレーニングをする方が大半だと思います。 まず睡眠の質を考えればアスリートは8時間以上が推奨されてます。社会人アスリートはまずそこでかなり無理なような気もしますね。しかし睡眠中に体内疲労が除去されるのは明白で一流アスリートは軒並み8時間以上寝てる方が多いようです。ちなみに大谷翔平は昼寝を含めて10時間以上寝てるようです。 普通の方でも運動習慣を続けれ

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

Commentaires


bottom of page