検索

寒さと腰痛

今年は例年以上に寒くなるのが早い気がします。10月で気温一桁になるなど紅葉は綺麗ですが身体にはあまりよくありません。このような季節の変わり目は腰痛肩こりや神経痛が出やすくなります。元々寒くなると血流が悪くなり筋肉が縮まり硬直しやすくなります。そんな時に急に身体を動かしたり、寒い中スポーツなどすると筋肉や関節を痛めやすくなります。また筋肉の隙間にある皮神経が筋肉の硬さによりダメージを受けて神経痛にもなりやすくなります。腰にも大きな筋肉や神経が走っていますのでとても影響されやすくなります。コロナでの運動不足や急な冷えにより痛みを訴える方が多くなりました。

対策はまず重だるいような痛みなどは神経痛が多いので温めることです。カイロや腹巻ももうこの時期には有効だと思います。案外人は日常デスクワークなどしてるだけだと冷えるものです。また何かスポーツなどアクションを起こした時の激痛いわゆるぎっくり腰などは筋肉や椎間板系の痛みの可能性もあるので、安静湿布病院へ検査に行くのも良いと思います。安静にして徐々に痛みが取れてくるなら少しずつ動かしながら日常生活を送ることです。こちらの腰痛は筋肉の炎症性なので無理は禁物です。どのみち寒さと筋肉の硬さから来ていることなので、身体を冷やさないようにしたり運動するときもウォームアップをしっかりするなど身体をこまめに動かしたりマッサージやストレッチも日常に取り入れることをお勧めいたします。


94回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

胃腸障害

ここ最近胃腸障害の患者さんが多いようです。 やはり自粛生活による運動不足やストレスなどで胃腸の調子が悪い方がいます。 胃もたれや食後の胸焼け、お腹の膨満感など人により様々ですが 長く続く場合は病院での検査を勧めています。 食べ過ぎ飲みすぎなら解るのですがどうも自宅に長くこもっていたり 普段の生活がなかなか思うようにいかないようなストレスを抱えている方が ほとんどでした。長い間ストレスがあると胃腸の

坐骨神経痛

冬場になるとお尻や脚の方が痛んだり、しびれたりする方が多いと思います。いわゆる坐骨神経痛になる方が冬場は多くなります。 腰から臀部にかけて長い坐骨神経は、“ 総腓骨神経 ”(そうひこつしんけい)と、“ 脛骨神経 ”(けいひこつしんけい)に分かれ腰椎から足の指まで伸びています。 何らかの原因でここの神経が刺激や圧迫などされて臀部から脚に痛みやしびれが出ます。 大抵の原因は腰部脊柱の障害の原因が多く、

筋肉痛

皆さんも運動後に筋肉痛になることは多いのではないでしょうか。筋肉痛は元々遅発性筋痛と言います。運動後に痛みがくるからです。どちらかと言えば伸展動作の筋肉を痛めやすいのですが運動不足やいつもと違う動きをした時にもなることがあります。特段筋トレをしない方でもたまにランニングやちょっとした重労働をした時にも発生します。私は自転車競技をしていますがやはり普段より強度が高かったり坂を長く走ったりすればたまに

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477