top of page
検索

寒さと腰痛

10月に入り朝晩の寒さが本格的になってきました。今年は寒くなるのが早いようです。

さて寒くなると結構腰痛の患者さんが増えます。

腰痛といってもその原因は様々あるのですが85%の腰痛は非特異性腰痛といって原因不明なのがほとんどです。残りの15%が内蔵の病気、神経の障害、ヘルニアや狭窄症などレントゲンなどで特定できる腰痛です。いうなれば85%の腰痛は筋肉由来か椎間関節や神経痛です。


筋肉由来であればマッサージやストレッチなどが良く、神経痛由来のものは保温も有効です。腰を押すと全般気持ち良いのであれば筋肉由来ですので寒さによって筋肉が収縮してしまっていることが多いのです。そんな場合は入浴してから指圧マッサージ。逆にぎっくり腰など急性のものは最初は冷やして痛みが緩和してきたら徐々に動かしながら軽い運動療法がよいと思います。どのみち非特異性腰痛は対症療法で痛みを緩和したあと運動療法や保温療法がおすすめです。寒くなれば神経痛にもなりやすいので寒さを馬鹿にせずきちんと身体を冷やさないようにするのも重要です。治療院でも対処いたします。







閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

Comments


bottom of page