検索

寒さと腰痛

10月に入り朝晩の寒さが本格的になってきました。今年は寒くなるのが早いようです。

さて寒くなると結構腰痛の患者さんが増えます。

腰痛といってもその原因は様々あるのですが85%の腰痛は非特異性腰痛といって原因不明なのがほとんどです。残りの15%が内蔵の病気、神経の障害、ヘルニアや狭窄症などレントゲンなどで特定できる腰痛です。いうなれば85%の腰痛は筋肉由来か椎間関節や神経痛です。


筋肉由来であればマッサージやストレッチなどが良く、神経痛由来のものは保温も有効です。腰を押すと全般気持ち良いのであれば筋肉由来ですので寒さによって筋肉が収縮してしまっていることが多いのです。そんな場合は入浴してから指圧マッサージ。逆にぎっくり腰など急性のものは最初は冷やして痛みが緩和してきたら徐々に動かしながら軽い運動療法がよいと思います。どのみち非特異性腰痛は対症療法で痛みを緩和したあと運動療法や保温療法がおすすめです。寒くなれば神経痛にもなりやすいので寒さを馬鹿にせずきちんと身体を冷やさないようにするのも重要です。治療院でも対処いたします。







38回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています

筋肉と関節

皆さんが意識する筋肉は骨格筋と言って体を動かす筋肉はこちらになります。関節と関節をスムースに動かすためです。筋肉にはあと不随異筋と随意筋に分かれます。 骨格筋でも姿勢維持筋は静止していても常に緊張しているので痛みやコリなど感じやすいです。また運動など手足を伸展屈曲する運動が入るとこちらも疲労します。姿勢筋と違い過度になれば筋肉痛になります。大抵エキセントリックの動きが負荷が大きいので筋肉痛にはなり