検索

平行筋と羽状筋

先日自転車で内転筋群を痛めた患者さんがいらっしゃいました。攣った後の痛みのようでしたのでもう治りかけでした。しかし以前は内転筋など攣ることもなくその前に大腿四頭筋がいっぱいいっぱいになって進めなくなってしまったようです。以前に比べると内転筋群が発達していたのでこちらの筋群を意識した方が脚がよくもったようでした。ある意味私はこちらの筋群が意識できたほうが良かったと思います。

筋繊維には平行筋と羽状筋がありますが、場所によって筋繊維と筋力とスピードが違うと言われています。 羽状筋の代表は大腿四頭筋、腓腹筋など。平行筋の代表はハムストリングと内転筋群などです。

羽状筋は読んで字のごとく鳥の羽のようになっていて筋肉の横断面積が大きく横に発達しています。筋力は強いのですが収縮の縦方向には縮みにくく関節を動かすには遅くなりますが力を出すのが優位です。屈筋群が多いです。 平行筋は筋断面積は細く弱いのですが繊維長が長く収縮の幅も長く関節を動かすスピードが比較的速くなります。伸筋群が多いです。

ロードレースや自転車はもちろん他の筋群も使いますしいろんなペダリングスキルで両方使えた方が良いです。もちろん主観ですが先日修善寺で国際トラックレースを見た時に強いオーストラリアの選手を見ていたのですが関節のスピードをより効率的に動かす巡行スピードや回転力を意識するときには大腿四頭筋の羽状筋よりも平行筋のハムストリング→内転筋を使うのも理にかなっているのかなと思ったりして見学していました。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

足のトラブル

先日いらした膝痛の患者さんですがよくよく身体を診ていくと足の外反母趾が相当ひどい状態でした。もちろん膝の痛みが出ているのでX脚気味ではありますがどうも外反母趾を何とかしないと歩行に問題も出ています。もはや骨の変形がすすんでしまっていますが足のマッサージと指圧をするとアーチが戻り若干親指も開くようになりました。今後は自宅でもマッサージと足の指の筋トレとストレッチを指導して毎日やってもらうことにしまし

力の入れ方抜き方

最近は筋トレブームでトレーニングに励む方も多くいらっしゃいます。力を入れることはとても意識しやすく筋肉も増えていくのでとても満足感があります。 ところがいざ色々なスポーツの場面では力を入れる、力を抜くの連続です。思うに一流アスリートはパワーもありますが力の抜き方も熟知している天才なのではないでしょうか。 マッサージや指圧でもたまにいらっしゃるのですが力を抜いてくださいと言っても余計に硬くなる方もい

内臓脂肪型肥満

最近電車に乗ると以前に比べて通勤電車で小太りの男性が増えたような気がします。 やはりコロナ中で運動不足や食事の乱れがあり肥満体になる方が 増えているようです。現実にもコロナ最中にテレワークや運動不足などで太った方が増えたとのデータがありました。 その中でも内臓脂肪はあまりよくありません。内臓周辺に蓄積する脂肪は 代謝が盛んで血中脂質濃度を高めてしまいます。インスリン抵抗性も悪くなり 脂質異常や糖尿