検索

怪我をする前に

自転車に限らずスポーツに怪我はつきものです。競技系のスポーツをしていれば怪我に悩まされる方の多いこと。アクシデント系の怪我なら治療やリハビリで実質休まなければいけませんが、通常の練習やトレーニングなどで痛める方も多いと思います。スポーツとして楽しんでいる方でも怪我は多いのですが大抵無理をしたりトレーニング不足やケア不足などがあります。トレーニングも楽しんでくると徐々に負荷が上がります。目に見えるようにタイムが上がったりやればやるほど上達したり楽しくなってきます。しかし身体を使えば徐々に疲労は溜まっていくものです。それでも周りにベテランの方がいればケアや休息の重要性を教えてくれる方がいると思いますが、トレーニングの知識はどんどん増えるのですがケアや休息の知識が欠落している方がとても多く感じます。何となく疲れた何となく膝や腰が痛むなどちょっと休めば大丈夫と考えているかもしれませんがトレーニングを続けていけばそれが怪我の入り口になってしまうことがほとんどです。怪我になってしまえば競技やトレーニングも中止しなけらばなりません。若いから大丈夫なんて思うかもしれませんが生涯スポーツを楽しみたいなら疲労具合により適切にケアや休息を入れることです。私の治療院でも自己流でケアをしていた方も怪我や調子の悪さで初めて指圧マッサージ治療を受けたことにより客観的に問題あるところがわかったり自分が思う以上に体が悲鳴を上げていた方々が多いのもです。プロに限らず中年アスリートも増えてきましたが年を重ねるごとに回復や体のケアは非常に大切になってくると思います。私の治療院でもそんな方々が怪我無くスポーツを楽しんでくれることが一番だと思います。

175回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています