検索

指圧 瞬間調身法

居士会の治療法、瞬間調身法とは私の祖父安陪豊治から伝わる治療法です。名付けていただいたのは電力会社を統合した電力の鬼と呼ばれた松永安左エ門です。写真の書は松永氏の直筆で居士会に飾られています。 この治療法はリンパ球を刺激し悪血取り除き、自然治癒力を増進回復させて体調を整える治療法です。 もともと健康体のかたは施術しても痛くはなく気持ちよいのですが、(これも完全にマヒして感じない人もいる) 体の不調がある場合痛みがでます。1普通の痛み 2激しい痛み 3快よい痛みの3つがあります。 瞬間調身法で治療するとリンパが刺激され活発化し血行が良くなり悪血とれてくるとしだいに快よい痛みに変化して最終的には気持ちよさに変化します。 その人それぞれリンパの痛い部位は違いますしコリ方もまったく違います。 ですのでもちろん全身治療をするのと同時にその方の体調に沿って必要な施術をするのです。 人間は(特に現代人)はとても偏った体の使い方や、日常を送っている方がほとんどです。 そのため体はだんだん硬直化してきます。スポーツをしている方で、激しい運動や一定方向の運動やバランスを欠いた運動をしている方なども疲労素が蓄積し、体がガタガタの方も多いのです。 病気(難病)の方など、とても痛がる方も多いです。病気の方はリンパで免疫を あげる体力すらない人が多く、疲労が限界を超えてしまっています。 ですから定期的にきちんとリンパを刺激して疲労素を取り除く必要があるのです。 いまやプロスポーツ選手などはマッサージ師やトレーナーが付きっ切りで施術しています。 それほど限界まで体を酷使して体調を維持していかないと疲労がとれないのです。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

運動や仕事後に疲れも溜まります。もちろんその後ゆっくり過ごせば人間は基本回復するものです。動物も基本狩りをしているとき以外は結構ダラダラしてることが多いですよね。 しかし人間はそうはいきません。仕事が終わったら自宅では家事育児。運動も朝など習慣化していてもその後仕事に向かわなければいけません。 そうそうのんびりできる環境などないですよね。 そうなると早めに疲れをとるのでしたら回復力は早くする習慣も

最近寒さが厳しく朝晩は東京でも気温が低い日が続きます。最近患者さんの傾向ですが浮腫が気になる方が増えてきました。いわゆる立ち仕事や一日着座の仕事で浮腫む方も多いのですがもう昼ぐらいから浮腫んだり、朝起きたら浮腫んでいたりと色々です。浮腫は腎臓病や膠原病、心臓病なども隠れている場合があるので浮腫みが長く続く場合は医療機関へ行くことをおすすめします。それ以外ではやはり寒さや冷えが原因の方が多いようです

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが