検索

指圧 瞬間調身法

更新日:2018年12月9日

居士会の治療法、瞬間調身法とは私の祖父安陪豊治から伝わる治療法です。名付けていただいたのは電力会社を統合した電力の鬼と呼ばれた松永安左エ門です。写真の書は松永氏の直筆で居士会に飾られています。 この治療法はリンパ球を刺激し悪血取り除き、自然治癒力を増進回復させて体調を整える治療法です。 もともと健康体のかたは施術しても痛くはなく気持ちよいのですが、(これも完全にマヒして感じない人もいる) 体の不調がある場合痛みがでます。1普通の痛み 2激しい痛み 3快よい痛みの3つがあります。 瞬間調身法で治療するとリンパが刺激され活発化し血行が良くなり悪血とれてくるとしだいに快よい痛みに変化して最終的には気持ちよさに変化します。 その人それぞれリンパの痛い部位は違いますしコリ方もまったく違います。 ですのでもちろん全身治療をするのと同時にその方の体調に沿って必要な施術をするのです。 人間は(特に現代人)はとても偏った体の使い方や、日常を送っている方がほとんどです。 そのため体はだんだん硬直化してきます。スポーツをしている方で、激しい運動や一定方向の運動やバランスを欠いた運動をしている方なども疲労素が蓄積し、体がガタガタの方も多いのです。 病気(難病)の方など、とても痛がる方も多いです。病気の方はリンパで免疫を あげる体力すらない人が多く、疲労が限界を超えてしまっています。 ですから定期的にきちんとリンパを刺激して疲労素を取り除く必要があるのです。 いまやプロスポーツ選手などはマッサージ師やトレーナーが付きっ切りで施術しています。 それほど限界まで体を酷使して体調を維持していかないと疲労がとれないのです。

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています