検索

温泉と免疫力

私は年に数回患者さんと温泉に湯治に行きます。昔は1~2週間近く行っていたのですが、やはり最近の患者さんはお忙しいののか5日くらいまでが限界のようです。

湯治文化は日本もヨーロッパもこれまた医学的見地もとても似通っています。文化が違うのに温泉を医療や療養で使う文化は全く同じなので驚きです。最近映画で上映した私が大好きな映画テルマエロマエなんかにも日本の湯治療養文化が描かれていてそれを古代ローマ人が真似していたなんて設定。わたくし的にはとても面白く観させていただきました。さて薬がない時代には人間の自然治癒力を最大にして病気を治していました。そこで温泉です。日本には昔から信玄の隠し湯など関東方々にもたくさんあります。戦国時代にはそれこそ傷の治療や胃腸病なども温泉は使われていました。信玄の時代では温泉はまさに現代の病院や療養所だったのだと思います。私がよく通っていた温泉に秋田の玉川温泉があります。(台湾北投温泉も同じ泉質です)こちらの温泉は色々医学的にも研究されています。たとえば免疫力。(白血球のリンパ球や顆粒球)10人の方の血液を湯治前に採取して湯治後7日後の変化を見ました。年齢性別はランダムです。結果は驚くべきことに9人の方が白血球特にリンパ球がかなりの上昇率で免疫力が上がっておりました。ほかの温泉でもデータは取っているのですがここまで良いデータは玉川温泉が一番だったようです。元々元気な方は問題ないのですが、温泉に長湯治する方は大体病気だったり体力が弱い方です。しかし転ばぬ先の杖ではないですが普段元気な方も案外疲れやすい方などもたまには温泉湯治で身体をリラックスデトックスするのは良いことだと思います。次回温泉療法は3月以降に行く予定です。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完

マインドフルネスと禅

昨今マインドフルネスという言葉を盛んに見かけると思います。 要約すれば瞑想ですが医療心理学的にはジョンガバットジンが心理学の集点化理論と組み合わせて臨床的に体系化したもので心をリラックスしたりストレスを緩和したり思考を制御したりするものと言われています。日本人から見れば心理学的治療に見えますが実は東洋思想仏教の禅から由来されてると言われています。 私は幼少から父の影響で坐禅を組むことをよくしていま

胃腸障害

ここ最近胃腸障害の患者さんが多いようです。 やはり自粛生活による運動不足やストレスなどで胃腸の調子が悪い方がいます。 胃もたれや食後の胸焼け、お腹の膨満感など人により様々ですが 長く続く場合は病院での検査を勧めています。 食べ過ぎ飲みすぎなら解るのですがどうも自宅に長くこもっていたり 普段の生活がなかなか思うようにいかないようなストレスを抱えている方が ほとんどでした。長い間ストレスがあると胃腸の

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477