検索

温泉と免疫力

私は年に数回患者さんと温泉に湯治に行きます。昔は1~2週間近く行っていたのですが、やはり最近の患者さんはお忙しいののか5日くらいまでが限界のようです。

湯治文化は日本もヨーロッパもこれまた医学的見地もとても似通っています。文化が違うのに温泉を医療や療養で使う文化は全く同じなので驚きです。最近映画で上映した私が大好きな映画テルマエロマエなんかにも日本の湯治療養文化が描かれていてそれを古代ローマ人が真似していたなんて設定。わたくし的にはとても面白く観させていただきました。さて薬がない時代には人間の自然治癒力を最大にして病気を治していました。そこで温泉です。日本には昔から信玄の隠し湯など関東方々にもたくさんあります。戦国時代にはそれこそ傷の治療や胃腸病なども温泉は使われていました。信玄の時代では温泉はまさに現代の病院や療養所だったのだと思います。私がよく通っていた温泉に秋田の玉川温泉があります。(台湾北投温泉も同じ泉質です)こちらの温泉は色々医学的にも研究されています。たとえば免疫力。(白血球のリンパ球や顆粒球)10人の方の血液を湯治前に採取して湯治後7日後の変化を見ました。年齢性別はランダムです。結果は驚くべきことに9人の方が白血球特にリンパ球がかなりの上昇率で免疫力が上がっておりました。ほかの温泉でもデータは取っているのですがここまで良いデータは玉川温泉が一番だったようです。元々元気な方は問題ないのですが、温泉に長湯治する方は大体病気だったり体力が弱い方です。しかし転ばぬ先の杖ではないですが普段元気な方も案外疲れやすい方などもたまには温泉湯治で身体をリラックスデトックスするのは良いことだと思います。次回温泉療法は3月以降に行く予定です。

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています