検索

玄米食は体に良いの?

私は幼少期から玄米食でした。そのおかげで大きな病気もなく体調も悪くありません。患者さんにも是非薦めています。もともと私の父の坐禅仲間の沼田医師からのご指導で玄米食になりました。

沼田医師は北里研究所時代、ビタミンB1分解酵素アノイリナーゼの発見など、世界的研究をした。軍医として中国に渡り、中支派遣軍150万人の復員時は、消毒薬皆無という劣悪な環境だったが、水分摂取法を指導することでコレラなどの感染者を一人も出さなかった。後進国では今も役立っていて、WHOから感謝状を受けたお方です。私も幼少の頃らか大仁の坐禅堂で一緒に坐禅を坐ったのを覚えております。 しかし玄米は正しい知識がないと帰って体調を崩したり、不味くもなります。 簡単に要約してみたので玄米食に挑戦したい方は読んでみてください。まずは無農薬か有機栽培の玄米を手に入れる。これが一番重要です。玄米は農薬がダイレクトにかかってしまうので精米しない玄米は影響が大きいですし身体にもよくありません。炊く前にぬるま湯に4、5時間は漬けること。水ですと1日かかります。これによって発芽をします。玄米をやわらかく炊かないとはっきり言って不味くもなりますし発芽することで発芽抑制因子アブシジン酸も無毒化されます。また漬けることによって柔らかくなり消化もよくなります。圧力がかかる炊飯ジャーか圧力鍋で炊くことを勧めします。もうこれは必須です。圧力炊飯ジャーはだいぶ安くなってきたので玄米食を続けるなら用意することをお勧めします。最近は発芽モードがついたものもあるのでよりお勧めです。圧力鍋も大変美味しく炊けます。水加減や火力は鍋により癖があるので少しハードルが高いかもしれません。また炊くときには小豆や雑穀を入れるとより美味しく酵素も出ます。玄米はマイナス面も指摘されていますが、きちんとポイントを守ればばまったく問題ありません。是非挑戦してみてください。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています