検索

玄米食は体に良いの?

私は幼少期から玄米食でした。そのおかげで大きな病気もなく体調も悪くありません。患者さんにも是非薦めています。もともと私の父の坐禅仲間の沼田医師からのご指導で玄米食になりました。

沼田医師は北里研究所時代、ビタミンB1分解酵素アノイリナーゼの発見など、世界的研究をした。軍医として中国に渡り、中支派遣軍150万人の復員時は、消毒薬皆無という劣悪な環境だったが、水分摂取法を指導することでコレラなどの感染者を一人も出さなかった。後進国では今も役立っていて、WHOから感謝状を受けたお方です。私も幼少の頃らか大仁の坐禅堂で一緒に坐禅を坐ったのを覚えております。 しかし玄米は正しい知識がないと帰って体調を崩したり、不味くもなります。 簡単に要約してみたので玄米食に挑戦したい方は読んでみてください。まずは無農薬か有機栽培の玄米を手に入れる。これが一番重要です。玄米は農薬がダイレクトにかかってしまうので精米しない玄米は影響が大きいですし身体にもよくありません。炊く前にぬるま湯に4、5時間は漬けること。水ですと1日かかります。これによって発芽をします。玄米をやわらかく炊かないとはっきり言って不味くもなりますし発芽することで発芽抑制因子アブシジン酸も無毒化されます。また漬けることによって柔らかくなり消化もよくなります。圧力がかかる炊飯ジャーか圧力鍋で炊くことを勧めします。もうこれは必須です。圧力炊飯ジャーはだいぶ安くなってきたので玄米食を続けるなら用意することをお勧めします。最近は発芽モードがついたものもあるのでよりお勧めです。圧力鍋も大変美味しく炊けます。水加減や火力は鍋により癖があるので少しハードルが高いかもしれません。また炊くときには小豆や雑穀を入れるとより美味しく酵素も出ます。玄米はマイナス面も指摘されていますが、きちんとポイントを守ればばまったく問題ありません。是非挑戦してみてください。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

怪我をする前に

自転車に限らずスポーツに怪我はつきものです。競技系のスポーツをしていれば怪我に悩まされる方の多いこと。アクシデント系の怪我なら治療やリハビリで実質休まなければいけませんが、通常の練習やトレーニングなどで痛める方も多いと思います。スポーツとして楽しんでいる方でも怪我は多いのですが大抵無理をしたりトレーニング不足やケア不足などがあります。トレーニングも楽しんでくると徐々に負荷が上がります。目に見えるよ

自粛疲れ

GWも終わり日常生活も戻りつつあります。しかし連休前から東京では緊急事態宣言が出されせっかくのお休みも自宅近辺で過ごすはめになった方も多いと思います。 さすがにもう一年以上もこの状態が続いていて、何か対策もないまま自粛自粛と精神的に疲れてしまっている方も多いようです。 働いている世代はテレワークが定着し運動不足の方が治療院によくみえるようになりました。 あとは高齢者ですが真面目な方は家からほとんど

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完