検索

神宮クリテリウム観戦とマッサー

2月23日日曜日。神宮クリテリウムの観戦に行ってきました。学生が主体の大会ですがマスターズ枠もあり私の所属しているRoopongi Express が出場するので競技前に出場選手に軽くマッサージするミッション。あとチームの新しいウェアbioracerのワンピースのお披露目。私も着た時の密着感は素晴らしかったです。この日は比較的暖かく野外にコールマンのシートをひいてアップ終わった選手から順にマッサージ。スタートオイルを使う選手や使わない選手好みを聞いて軽めにスタート前マッサージ。中には強くやっちゃって下さいとリクエストされる選手もいます。やはり受けなれている選手は自分の状態もわかっているので頼もしい。皆さん脚質はそれぞれですが鍛えぬかれている筋肉は触ればすぐにわかりますね。皆さん素晴らしい脚です。

さてレース本番同チームは人数的には有利ですがやはり 短いクリテリウムレースなので何があるかはまったくわからない。8周回のレースでも見応えは充分でした。最終周ゴールに見えてきたのはRoopongi Express 半澤選手まさに最終周に逃げて優勝。しかも2位3位も菊川選手松尾選手が入り表彰台独占。素晴らしいチーム一丸になっての勝利でした。今回マッサージで少しでもチームにお役にたてたのは本当に良かったです。

90回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています