検索

福島県のラジウム温泉

昨年たまたま2回ほど福島県の温泉に行く機会があったので行ってきました。

一つ目は母畑温泉。700年の歴史がある古くからラジウム泉が出ている温泉です。実はこの温泉に行くのは初めてでした。新潟にある村杉温泉と山梨にある増冨温泉は行ったことがありますが二つともラドン濃度は満足のいくものでした。特に村杉温泉はラドン含有量が日本一です。しかしお宿が長期湯治向きではないようでした。増冨は東京からも近く有名です。特に山間部にあり元々冷泉なので夏場に入浴するのはおすすめです。さて福島のラジウム泉、母畑温泉。ここは石川町にあるのですが実はこの石川町ウラン鉱石やラジウム鉱石などが採掘されています。元々希少鉱山の山があるようで、同じ福島の阿武隈山系はラジウム鉱石が採掘される脈抗があるラインのようです。この石川町には鉱山資料館があり特に日本では珍しい石が採掘されています。歴史的にも実は第二次大戦の時日本軍も核爆弾の研究をしていました。しかしウラン鉱石がなかなか手に入らず、当時石川町の小中学生がウラン鉱石を発掘するため軍の命令で発掘を手伝っていたそうです。しかし中々見つからず開発も進まず大戦が終結してしまったようです。私が泊まったのは下の湯さんです。普通の旅館でしたが、お庭の眺望がすばらしいです。源泉が宿のすぐ下から湧き出しており泉質はよかったですし特に大浴場が密閉されていてお風呂場にいるだけで汗が噴き出るくらいラドンが充満していました。良い温泉です。ちなみにラドン泉は露天風呂では効き目は半減してしまいます。湯気に効果があるので是非屋内入浴をお勧めします。残念ながら湯治をするようなお食事ではなかったのでお食事が湯治向きであればとても良い温泉です。次に有名な三春のやわらぎの湯。こちらもラジウム泉で比較的平成になってからのお宿です。実はこちらの温泉は90年代に父親と行っています。まだ宿泊施設がないときで岩盤浴を体験してオーナーの景山さんに父が湯治場にするようアドバイスしていました。それから20年近くたちましたがお宿も立派になり温泉もありこちらの温泉は湯治場には最適になっています。しかしいつも混雑しているようでなかなか宿の予約が取れないようで私も久しぶりの日帰り入浴でした。お湯もよく。岩盤浴もあるので長期湯治には最良です。お宿も湯治なのかリラクゼーションなのかで選ぶと良いと思います。しかし普通のお宿は料理が豪華すぎるので長湯治には向きません。なるべく自炊や野菜の多い食事が出る湯治向きのお宿を探すのが良いでしょう。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています