検索

福島県のラジウム温泉

昨年たまたま2回ほど福島県の温泉に行く機会があったので行ってきました。

一つ目は母畑温泉。700年の歴史がある古くからラジウム泉が出ている温泉です。実はこの温泉に行くのは初めてでした。新潟にある村杉温泉と山梨にある増冨温泉は行ったことがありますが二つともラドン濃度は満足のいくものでした。特に村杉温泉はラドン含有量が日本一です。しかしお宿が長期湯治向きではないようでした。増冨は東京からも近く有名です。特に山間部にあり元々冷泉なので夏場に入浴するのはおすすめです。さて福島のラジウム泉、母畑温泉。ここは石川町にあるのですが実はこの石川町ウラン鉱石やラジウム鉱石などが採掘されています。元々希少鉱山の山があるようで、同じ福島の阿武隈山系はラジウム鉱石が採掘される脈抗があるラインのようです。この石川町には鉱山資料館があり特に日本では珍しい石が採掘されています。歴史的にも実は第二次大戦の時日本軍も核爆弾の研究をしていました。しかしウラン鉱石がなかなか手に入らず、当時石川町の小中学生がウラン鉱石を発掘するため軍の命令で発掘を手伝っていたそうです。しかし中々見つからず開発も進まず大戦が終結してしまったようです。私が泊まったのは下の湯さんです。普通の旅館でしたが、お庭の眺望がすばらしいです。源泉が宿のすぐ下から湧き出しており泉質はよかったですし特に大浴場が密閉されていてお風呂場にいるだけで汗が噴き出るくらいラドンが充満していました。良い温泉です。ちなみにラドン泉は露天風呂では効き目は半減してしまいます。湯気に効果があるので是非屋内入浴をお勧めします。残念ながら湯治をするようなお食事ではなかったのでお食事が湯治向きであればとても良い温泉です。次に有名な三春のやわらぎの湯。こちらもラジウム泉で比較的平成になってからのお宿です。実はこちらの温泉は90年代に父親と行っています。まだ宿泊施設がないときで岩盤浴を体験してオーナーの景山さんに父が湯治場にするようアドバイスしていました。それから20年近くたちましたがお宿も立派になり温泉もありこちらの温泉は湯治場には最適になっています。しかしいつも混雑しているようでなかなか宿の予約が取れないようで私も久しぶりの日帰り入浴でした。お湯もよく。岩盤浴もあるので長期湯治には最良です。お宿も湯治なのかリラクゼーションなのかで選ぶと良いと思います。しかし普通のお宿は料理が豪華すぎるので長湯治には向きません。なるべく自炊や野菜の多い食事が出る湯治向きのお宿を探すのが良いでしょう。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

怪我をする前に

自転車に限らずスポーツに怪我はつきものです。競技系のスポーツをしていれば怪我に悩まされる方の多いこと。アクシデント系の怪我なら治療やリハビリで実質休まなければいけませんが、通常の練習やトレーニングなどで痛める方も多いと思います。スポーツとして楽しんでいる方でも怪我は多いのですが大抵無理をしたりトレーニング不足やケア不足などがあります。トレーニングも楽しんでくると徐々に負荷が上がります。目に見えるよ

自粛疲れ

GWも終わり日常生活も戻りつつあります。しかし連休前から東京では緊急事態宣言が出されせっかくのお休みも自宅近辺で過ごすはめになった方も多いと思います。 さすがにもう一年以上もこの状態が続いていて、何か対策もないまま自粛自粛と精神的に疲れてしまっている方も多いようです。 働いている世代はテレワークが定着し運動不足の方が治療院によくみえるようになりました。 あとは高齢者ですが真面目な方は家からほとんど

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完