検索

第61回 秩父宮杯埼玉県自転車競技競争

9月22日今回で4回目の秩父宮杯に参加してきました。

本当に第61回 秩父宮杯埼玉県自転車競技競争このコースは楽しいコースで上り下りともあり公道を使ったレースは中々ないので本当にありがたい。いつものように6時すぎに自宅を出発。今回は快晴で家族も連れて行きました。受付を済ませ3upや大福屋、パインヒルズの方々と歓談。仲間が多いのも楽しいですね。私は今回も市民A42キロのレースです。3UP内では作戦をたてやはりスプリント勝負の多い宮杯では飛田くんがエース、私と高橋君がアシストとなりました。このコースは逃げが中々決まりにくいので最終周まで飛田君の脚を残す作戦。1周目秩父駅からパレード走行、しかし暑い。ここの所涼しかったせいか止まるとじりじりと暑くなる。スタートして1周めは中々のペースで登る。まだ皆さん脚があるから下ってもすぐに集団になる。私は逃げ集団が出来ないようチェック。2周目落ち着いてきた。ここも平均ペースでこなす。3周目ここの登りで流石に全体的にペースダウンか、登坂が速い人が抜け出してくる。まとまりそうなのでそこの集団に着くもすぐに大きな集団になる。4周目ここまで飛田君の脚がたまっているはず、しかし4周目の登り前で集団落車、位置取りが厳しくなる所だった。私と高橋君で先頭にいてペースを緩め落ち着かせる、登り前でゆっくりペースになり行きたい人もちらほらだが皆さん足を貯めてるはず。最終の登りが始まった。始めに4人駆ける、その後もどんどんアタックがかかる、わたしは中盤まで10位くらいの位置、飛田君は先頭に行き見える範囲、やったあのままくだればスプリントに持ち込めるはず。私も8番から10番くらいでテッペンにしかし下りで前走者が遅く中々前に出れず、しかも登り返しの坂で垂れて6,7人ほど抜かれる、、直線で見えたときは先頭が6,7人か 少し遅れて私たちの固まり。最後尾にいたがコーナーを曲がってスプリント早がけで2,3人ほど抜いてゴール。すぐ前に秋郷さんがいましたがスプリントは刺せず。結果トップから9秒遅れの15位。練習時間を考えればAでは上出来でした。最後のアタックにきちんと着いていければよかった。飛田君は4位入賞。何とか表彰されてよかったです。帰路は龍勢会館にて石釜野菜ピザを食べて、これが美味しい。その後星音の湯でゆっくりして帰宅。楽しい一日でした。本当に秩父宮杯は面白いレース。また来年も参加したいと思います。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています