検索

第66回秩父宮杯自転車競技大会

毎年参加している秩父宮杯。シクロクロスマスターで登録してるのでロードレースもマスタークラスへ。しかし今回は100人近くいます。メンバーも豪華。 車で秩父へ向かうと駐車場に六本木エクスプレスフクダさんがいらっしゃいました。今回は同じくマスタークラスで走るのでアップをご一緒したら六本木エクスプレスタカオカさんも途中合流して三名でアップで走る。タカオカさんはエリートレースなので秩父ミューズパークへ。我々は坂アップしてからサインしてスタート待機。 マスタークラスは初級,中級スタートの一分後にスタート。今年は気温は高く待ち時間でもそこそこ暑い。早速スタート。スタートアタックでフクダさんが飛び出す。すかさず後ろに付き二名でいきなり逃げる。流石にTTが速い実力者なのでグングン集団と離れる。一度先頭交代したけどフクダさんの方が平地は明らかに速い。そうこうしてるとパラパラ追いついてきて集団は少し離れたけど20名くらいが追いついてきた。そうしたら前方に前のスタートした集団に追いついてしまった。初級クラスや高校生などの集団追いついてしまいとんでもない数の集団になり坂に突入、まさにカオスでした。坂で人を抜かすのにこんなに苦労するとは。坂で先頭近くに出ても集団は平地で追いつきとてつもない人数の集団に。結果3周まで他クラスごちゃ混ぜの大集団。登って前目にいるけど平地になるとローテ回らず集団で速度落ちるからもったいない。最終周もう誰が誰だかさっぱりわからず坂をこなして先頭集団につくもマスターがどのくらいいるのかわからずコーナー曲がってスプリントしたいにも他クラスやなにやら沢山人が広がってスペースがない。ブンブンの知り合い千葉さんだけ隣で確認出来たけど結局そのまま流れゴール。不完全燃焼でしたが8位でした。走り終わった後はエリートのレース観戦。この日は暑いからエリートの選手もかなり暑そうでした。レースも見ていて面白かったです。秩父宮杯は関東では本当に貴重な公道レースでコースもロードレースに最適で面白い。是非来年も出場したいと思います。

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています