top of page
検索

第67回 秩父宮杯ロードレース

今年も通称 宮杯に行ってきました。

自宅から1時間もかからず行けるので大変ありがたい立地です。個人的にはサーキットレースより山坂がある公道レースが増えれば大変ありがたいですが中々厳しいようです。

朝7時前には現地到着。台風の影響で雨になるかと思いましたが快晴でしかも気温が高い。

私はマスターズですので45歳以上のカテゴリーです。

会場に着くと地元開催なのでお知り合い多数。皆様にご挨拶。レースのアップがてら同じチームの中学生sくんとコースを案内がてら登りと下りを走りアップ終了。しかし朝から暑い。

さてマスタークラスは高校生クラスとほとんど混走。スタートも5秒差でした。

マスタークラスがすぐに追いつき集団をコントロール。平地では逃げもちらほらあるがほぼ見える範囲なので追わない。1周目、2周目とも登坂区間でかかるものの、その後の下り平地区間で集団はまとまる。レースが動いたのは最終週3周目の登坂、明らかにスピードが上がる。活きの良い高校生がスピードを上げグングン登る。私もピークを全体の3番目くらいで通過、次の上り返しの登坂を過ぎてゴールまでの区間でマスター高校生も入れて6,7人入賞は確実なもののスプリント勝負に備える。後ろも離れている。そして最終コーナーを曲がる直前にSさんがロングスプリント。コーナーを曲がると残り400メートル。曲がって加速しようとしたら自分のコース前方に周回遅れの人が2列で走行.....横には同じマスタークラスがいるし加速できずに周回遅れを追い越したところで仕方なく再加速。3位争いになり着順は4位入賞でした。残念でしたがこれもロードレース。安全第一です。表彰式をすませエリートのレースを少し観戦したのち秩父を12時半に出て1時40分に自宅に到着。やはり近いと本当に楽です。いつかは埼玉でロードレースがたくさん開かれると良いですね。




閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠と運動習慣

忙しい社会人ですと中々時間が取れずに早朝や夜間にトレーニングをする方が大半だと思います。 まず睡眠の質を考えればアスリートは8時間以上が推奨されてます。社会人アスリートはまずそこでかなり無理なような気もしますね。しかし睡眠中に体内疲労が除去されるのは明白で一流アスリートは軒並み8時間以上寝てる方が多いようです。ちなみに大谷翔平は昼寝を含めて10時間以上寝てるようです。 普通の方でも運動習慣を続けれ

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

Comments


bottom of page