検索

第67回 秩父宮杯ロードレース

今年も通称 宮杯に行ってきました。

自宅から1時間もかからず行けるので大変ありがたい立地です。個人的にはサーキットレースより山坂がある公道レースが増えれば大変ありがたいですが中々厳しいようです。

朝7時前には現地到着。台風の影響で雨になるかと思いましたが快晴でしかも気温が高い。

私はマスターズですので45歳以上のカテゴリーです。

会場に着くと地元開催なのでお知り合い多数。皆様にご挨拶。レースのアップがてら同じチームの中学生sくんとコースを案内がてら登りと下りを走りアップ終了。しかし朝から暑い。

さてマスタークラスは高校生クラスとほとんど混走。スタートも5秒差でした。

マスタークラスがすぐに追いつき集団をコントロール。平地では逃げもちらほらあるがほぼ見える範囲なので追わない。1周目、2周目とも登坂区間でかかるものの、その後の下り平地区間で集団はまとまる。レースが動いたのは最終週3周目の登坂、明らかにスピードが上がる。活きの良い高校生がスピードを上げグングン登る。私もピークを全体の3番目くらいで通過、次の上り返しの登坂を過ぎてゴールまでの区間でマスター高校生も入れて6,7人入賞は確実なもののスプリント勝負に備える。後ろも離れている。そして最終コーナーを曲がる直前にSさんがロングスプリント。コーナーを曲がると残り400メートル。曲がって加速しようとしたら自分のコース前方に周回遅れの人が2列で走行.....横には同じマスタークラスがいるし加速できずに周回遅れを追い越したところで仕方なく再加速。3位争いになり着順は4位入賞でした。残念でしたがこれもロードレース。安全第一です。表彰式をすませエリートのレースを少し観戦したのち秩父を12時半に出て1時40分に自宅に到着。やはり近いと本当に楽です。いつかは埼玉でロードレースがたくさん開かれると良いですね。




123回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ロードバイクとヘルニア

自転車シーズン真っ盛りですが暑さにもにも負けずに自転車を楽しんでいる方々も多いと思います。 最近はコロナの影響もあり自転車が安心できる屋外スポーツとしても人気になってますね。 さて乗りなれてきたり競技としてトレーニングをしてくると自転車に乗ると腰痛が起きるという方が増えています。その中でも重症なのが椎間板ヘルニアです。 症状的には初期は腰が痛い程度がしばらくすると臀部に痛みがきたり足のほうまで痛み

自転車と膝の痛み

以前腰痛については詳しく書いたので、 今回はに腰痛に次ぐ膝痛について書きたいと思います。 実を言えば私の周りのサイクリストはベテランが多いのであまり膝痛になる方がいません。 どちらかといえば初、中級者の方々に多い症状だと思います。 それはもう個別に痛み箇所が違うので多い症状を紹介します。 ① 膝上 お皿の真上 大腿直筋(四頭筋)これはもうペダリングやポジションの問題もありますが、大抵前腿で踏みすぎ

怪我をする前に

自転車に限らずスポーツに怪我はつきものです。競技系のスポーツをしていれば怪我に悩まされる方の多いこと。アクシデント系の怪我なら治療やリハビリで実質休まなければいけませんが、通常の練習やトレーニングなどで痛める方も多いと思います。スポーツとして楽しんでいる方でも怪我は多いのですが大抵無理をしたりトレーニング不足やケア不足などがあります。トレーニングも楽しんでくると徐々に負荷が上がります。目に見えるよ