top of page
検索

筋温に気をつけよう

ここのところ急に寒くなってきました。寒ければ自然と厚着になりますね。

さてスポーツをする上でシーズンなマラソンなど激しい有酸素運動には気候はちょうどよくなります。

しかし寒すぎる場合は筋肉にはあまり環境はよくないこともあります。プロ選手は冬場やはり暖かいところでキャンプやトレーニングしますね。やはり適温は体が動いやすいからです。

そうならないためにまずは筋温を上げるためウォーミングアップが必要です。心拍数を徐々にあげ関節をゆっくり動かしながら身体が寒くなくなるくらいに動かします。筋温が上がれば筋肉もだんだん動かしやすくなります。けが予防のためにも寒い時には普段よりよくウォーミングアップをするのが良いと思います。それでも自転車など冬場は風が当たり体表面が冷えるので、場合により冷えやすい関節周りや風が当たる前面などにはホットオイルを塗ることをおすすめします。これを塗るだけで筋温が上がりやすくなりますし痛めやすい膝回りや関節周りにも良いと思います。冬場も運動する方は特に気をつけたいですね。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠と運動習慣

忙しい社会人ですと中々時間が取れずに早朝や夜間にトレーニングをする方が大半だと思います。 まず睡眠の質を考えればアスリートは8時間以上が推奨されてます。社会人アスリートはまずそこでかなり無理なような気もしますね。しかし睡眠中に体内疲労が除去されるのは明白で一流アスリートは軒並み8時間以上寝てる方が多いようです。ちなみに大谷翔平は昼寝を含めて10時間以上寝てるようです。 普通の方でも運動習慣を続けれ

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

Comments


bottom of page