検索

筋肉の柔軟性

私は25年間色々な患者さんを診てきました。

最近筋肉の柔軟性のことをよく聞かれます。柔軟性も個人差がありますし、スポーツを続けている方とやらない方にも大きな違いがあります。しいて言えばスポーツを続けていて筋運動をしている方のほうが筋肉は柔軟性があります。スポーツをする習慣がない方は筋肉を動かす意識が欠けているのと硬くなった筋肉が脳のほうでストップをかけている状態でよくストレッチをしても全く効かない方が多いようです。身体の硬さは個性でもありますので可動域や安定性があれば良いと思ってます。よく患者さんで私は昔から体が硬いのでストレッチをやっても柔らかくなりませんなど言われている方が多いのですが、まさに筋肉が拘縮して筋ロックしている中でいくらストレッチしても動かない方もいます。しかし可動域が狭くても運動によっては安定性を求める物もあるので過度に可動域がありすぎるのも問題です。まずは運動してもらうのが良いのですが、マッサージはやはり他人行ってもらう運動だともいえます。動かないところを柔軟にして関節可動域を上げていくわけですからある意味寝ていて他人に運動してもらっているようなものですね。話が戻りますがスポーツ選手の場合は筋肉の柔軟性はマッサージなどで比較的すぐに戻ります。やはり筋運動を続けているので筋肉をオンオフの切り替えができるので戻りも早いようです。しかし自転車選手がよく腰が痛い首が痛いと言ってる方が多いのは他のスポーツに比べて動かすことが少なく姿勢が一定だからだと思います。皆さんもデスクワークを何時間も続けてると首や腰が辛くなりますよね。それが自転車でも起きていると思います。まだケアをしている方はそこまで辛くなる前に対処するのですが、一度筋拘縮すると頭の中でも筋ロックしてしまうので中々筋肉の柔軟性が戻らないまま乗車している方が多いのではないでしょうか。そうするうちにコリやトリガーポイントが発生して慢性痛になる方も多いと思います。平日はデスクワークや車の運転、休日は自転車トレーニングをしていればある意味背部の筋肉は無意識に筋ロック状態になっていると方が多い思います。あとはケガや痛みがある場合の方も脳のほうの指令で筋ロックしている方が多いです。これはスポーツ選手だけでなくお年寄りなどの方も同じですがこの方々のほうが頭の中で筋紡錘のセンサーが硬くて痛くて当たり前のようになっている方が多いようです。筋肉は使わな過ぎても使いすぎてもメンテナスしないと萎縮していくようです。対策としては動かすことです。自転車の方の場合は下半身の運動がメインになるため体幹部の筋肉を鍛えるも良いですし体操マッサージなども有効です。筋肉を固めて拘縮萎縮させないことです。力のオンオフが出来ると筋肉も楽になると思います。私の患者さんでもそんな方も多いので最初は痛くて動かないのですが徐々に通って柔軟性が出てきて後は気持ちよくなる方も多くなります。人によって動かないところを動かす意識は難しいのですが、動くようになると硬まる前に自分の張やコリがすぐに気が付くようになっていくと思います。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています