検索

終末期医療

居士会の患者さんの中にはお年寄りや癌の末期の方も多数いらっしゃいます。

特に最近は高齢な癌患者さんも多いのですが色々な方を見てきたときにあることに気がつきました。もちろん患者さんご本人は最後まで色々な治療をするのですが(抗がん剤、放射線、手術)など、しかし80歳近くになる方など積極的な辛い治療をすると本当にすぐ苦しんで亡くなってしまう方が多いのです。しかしその年齢で自分に負担なく温泉や好きなことをやったり身体に気をつけた生活をした方のほうが苦しくなく自然と亡くなる方が多かったです。ましてや余命宣告数ヶ月の方が2年くらい過ごされた方もいました。もうそうなるとご家族も言っていましたが寿命と病気だかわからないくらいでしたと。人は生まれたら必ず死にます。それは自然の摂理です。若い方なら辛い治療も跳ね除けることが出来るかもしれませんが今一度人間の寿命とは何でしょうかと考えるのも必要だと思います。最近の終末期医療にも同じことが言えるのではないでしょうか、食べられないから胃ろう、鼻チューブで栄養剤など本来なら食べないから死ぬのではなくて死に時が来たから食べられなくなると思ったほうがよいかもしれません。海外の場合は本人が嚥下できなくなったら医師の仕事は終わりで後は牧師の仕事だと言われているようです。日本の終末期医療も何か変化しないといけないような気がします。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

関節痛

年明けになり寒い日が続きます。お年寄りにはポピュラーな病気ですが比較的冬の時期若い方でも関節痛は出やすいのです。原因は人により違いますが大まかに言えば寒さによる血行不良が多いです。本来筋肉には豊富に血流があり筋温も動いたりすれば上がります。しかし関節はどうでしょうか膝、肘、足首など痛みが出やすい関節には大きな筋肉はありません。ほとんど靭帯や骨で構成されています。また関節には厄介なんですが痛みを感受

基礎疾患の怖さ

今年も年の瀬が迫る頃にコロナウイルスの勢いは止まりません。 昨日は残念なニュースが飛び込んできました。羽田雄一郎議員がコロナウイルスの肺炎で死去してしまいました。私の亡き父は雄一郎さんの父羽田孜さんとはとても懇意にしていたので父が生きているときはよく家族で温泉湯治にも行ってました。羽田さんは温泉が多い長野県の方なので温泉が医療や健康に絶対良いはずだと常々言っていました。当時湯治によく行っていた父と

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477