検索

老化と食事

先日NHKでTVを見ていたのですが、沖縄県が長寿日本一から脱落し、しかも60歳前の早死にの方が増えていると放送していました。TVでも言っていましたが若い世代は沖縄独自の伝統食をやめて肉中心の高脂肪食に変化してから短命になったとデータでも示していました。


これは沖縄だけでなくたとえばブラジルに移民した日系人でも同じ現象がおきていました。2世,3世になると現地の高脂肪食が中心になり短命になるとだいぶ前から指摘されてました。これはいかに伝統食である日本の食事が優れているかの現われだと思います。かわって都市生活者はどうでしょう。やはり美味しいもの、お肉中心の食事があたりまえになっています。別段若くて健康な方はかまいませんが40も過ぎると、高脂血漿、高血圧、糖尿病、肥満。まあ何かに引っかかってしまう方も多いと思います。いわゆる老化もこの生活習慣にかかっています。同じ60歳でも若く見える方とお年寄りに見える方の差はここにあるようです。そこですぐに食事制限や切り替えが出来る方はいいのですが、人間の習慣とは恐ろしいものでなかなか治せない方が多いようです。そうすると60歳前には立派な成人病(生活習慣病)になっている方が多いですね。厚労省もこれを阻止すべくメタボ検診や医療検診を励行していますが中々難しいようです。しかも糖尿病や腎臓透析患者は年々増え続け医療費を圧迫し続けてます。日本の場合腎臓透析になってしまうと本人も辛いですが一級身体障害者になり医療費はすべて国負担。これはどうみてもおかしいですよね。ある意味学生の時からきちんと食教育、ひいては伝統食のあり方やバランスを教えていく必要があると思います。味覚は幼少の時から成長期にだんだん身についていきますから。無理に食べるのではなく、本当に美味しい伝統食のバランスや食のバランスの大事なことを教えていかないといけない気がします。アメリカではフードピラミッドで図にして小学生くらいからきちんと何を食べるべきかを教育していましたね。家庭でも学校でも見習いたいものです。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています