top of page
検索

胃腸の疲労

年末になると大抵飲食の機会が増えるので胃腸の調子が悪くなる方が増えてきます。しかし今年はコロナの影響で宴会はあまりないようですが逆にテレワークなど自宅に籠りがちでついついストレス解消で間食が多くなり胃腸の調子を崩している方もお見掛けします。

日本人も今では高たんぱく高脂肪食が増えて結果内臓の疲労にもつながっています。

栄養を付けようと必死でこれらの食事をしていても肝臓や腎臓胃腸の負担が増えるのです。

もちろん運動などすれば高カロリー食も必要ですがエンデュランス競技では内臓疲労が致命的になるので炭水化物系が中心になります。結果内臓に一番負担が少ないからです。


一般的な方もアスリート的な方もやはり内臓疲れをとるのでしたら胃腸を休めることです。

間食をやめてきちんと食事の間隔をあけましょう。特に深夜など食事をすると体の回復にも影響があるのでいつまでたっても疲れが取れません就寝4~5時間前には食べ終わるのが理想です。

高脂肪高タンパク質は疲れているときにはほどほどに。

早食いやだらだらながら食いは食べ過ぎになるので良く咀嚼してゆっくり食べましょう。

たまの軽い断食など一食抜くぐらいをするのも胃腸の疲れをとるには効果的です。

やり方は水分だけは取るようにして夕飯抜くのがおすすめです。


現代ではとかく食べ過ぎが多いのでなかなか疲れが取れないなら食べ方や食生活を見直すのも良いと思います。



閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

Comments


bottom of page