検索

胃腸の疲労

年末になると大抵飲食の機会が増えるので胃腸の調子が悪くなる方が増えてきます。しかし今年はコロナの影響で宴会はあまりないようですが逆にテレワークなど自宅に籠りがちでついついストレス解消で間食が多くなり胃腸の調子を崩している方もお見掛けします。

日本人も今では高たんぱく高脂肪食が増えて結果内臓の疲労にもつながっています。

栄養を付けようと必死でこれらの食事をしていても肝臓や腎臓胃腸の負担が増えるのです。

もちろん運動などすれば高カロリー食も必要ですがエンデュランス競技では内臓疲労が致命的になるので炭水化物系が中心になります。結果内臓に一番負担が少ないからです。


一般的な方もアスリート的な方もやはり内臓疲れをとるのでしたら胃腸を休めることです。

間食をやめてきちんと食事の間隔をあけましょう。特に深夜など食事をすると体の回復にも影響があるのでいつまでたっても疲れが取れません就寝4~5時間前には食べ終わるのが理想です。

高脂肪高タンパク質は疲れているときにはほどほどに。

早食いやだらだらながら食いは食べ過ぎになるので良く咀嚼してゆっくり食べましょう。

たまの軽い断食など一食抜くぐらいをするのも胃腸の疲れをとるには効果的です。

やり方は水分だけは取るようにして夕飯抜くのがおすすめです。


現代ではとかく食べ過ぎが多いのでなかなか疲れが取れないなら食べ方や食生活を見直すのも良いと思います。



52回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

筋肉痛

皆さんも運動後に筋肉痛になることは多いのではないでしょうか。筋肉痛は元々遅発性筋痛と言います。運動後に痛みがくるからです。どちらかと言えば伸展動作の筋肉を痛めやすいのですが運動不足やいつもと違う動きをした時にもなることがあります。特段筋トレをしない方でもたまにランニングやちょっとした重労働をした時にも発生します。私は自転車競技をしていますがやはり普段より強度が高かったり坂を長く走ったりすればたまに

関節痛

年明けになり寒い日が続きます。お年寄りにはポピュラーな病気ですが比較的冬の時期若い方でも関節痛は出やすいのです。原因は人により違いますが大まかに言えば寒さによる血行不良が多いです。本来筋肉には豊富に血流があり筋温も動いたりすれば上がります。しかし関節はどうでしょうか膝、肘、足首など痛みが出やすい関節には大きな筋肉はありません。ほとんど靭帯や骨で構成されています。また関節には厄介なんですが痛みを感受

基礎疾患の怖さ

今年も年の瀬が迫る頃にコロナウイルスの勢いは止まりません。 昨日は残念なニュースが飛び込んできました。羽田雄一郎議員がコロナウイルスの肺炎で死去してしまいました。私の亡き父は雄一郎さんの父羽田孜さんとはとても懇意にしていたので父が生きているときはよく家族で温泉湯治にも行ってました。羽田さんは温泉が多い長野県の方なので温泉が医療や健康に絶対良いはずだと常々言っていました。当時湯治によく行っていた父と

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477