検索

脳梗塞のリハビリ

私の亡き父は53歳の時脳梗塞を患い半身不随になりました。7か所が詰まっており医者からはもう寝た切りでしょうと宣告されました。しかし懸命なリハビリと私の治療もあり障害は残りましたが1年半でまた働けるまでになりました。

昔は脳細胞は20歳を超えると減る一方なのが常識で壊れた脳細胞は再生しないのが当たり前でした、今では高齢になっても脳細胞は増えることがわかってきています。脳が実は再生して死滅したニューロンが伸びたり、う回路を作って手足が動くなどだんだんわかってきました。また運動を繰り返すことで反射的にも動くようになるようです。もう本当に当時のリハビリなんて医者があきらめてるから病院で受けても治らないわけです。私は確信がありませんでしたが、とにかく脳や大脳に関わるツボを刺激し続けました。また他動運動で繰り返し拘縮を防ぎ動かせるようにしたらやはり手足が動いてきました。もちろん痛い治療でしたけど本人は痛みや辛さで泣いてたこともありましたが根気よく続けました。1年もせず歩けるようになりお医者さんも不思議そうな顔をしてましたけど、ここまで早く回復するのは珍しいと言われました。その後もN監督などたくさんの脳梗塞の患者さんを治療してきましたが、継続していた方はやはりよくなってきました。またあきらめたりやる気がなくなった方は残念ながら回復しませんでした。今ではリハビリもかなり効率的になりよくなってきましたが、実は本人のやる気が回復を早めるのだと思います。病気は実はそこなんだと思うのです。早く元気に動きたい。この一心があれば脳細胞も活性化するのだと思います。リハビリで一番難しいのは実は本人のやる気なんです。そこを踏まえてもやる気を起こさせる環境や希望が脳を活性して甦るのだと思います。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完

マインドフルネスと禅

昨今マインドフルネスという言葉を盛んに見かけると思います。 要約すれば瞑想ですが医療心理学的にはジョンガバットジンが心理学の集点化理論と組み合わせて臨床的に体系化したもので心をリラックスしたりストレスを緩和したり思考を制御したりするものと言われています。日本人から見れば心理学的治療に見えますが実は東洋思想仏教の禅から由来されてると言われています。 私は幼少から父の影響で坐禅を組むことをよくしていま

胃腸障害

ここ最近胃腸障害の患者さんが多いようです。 やはり自粛生活による運動不足やストレスなどで胃腸の調子が悪い方がいます。 胃もたれや食後の胸焼け、お腹の膨満感など人により様々ですが 長く続く場合は病院での検査を勧めています。 食べ過ぎ飲みすぎなら解るのですがどうも自宅に長くこもっていたり 普段の生活がなかなか思うようにいかないようなストレスを抱えている方が ほとんどでした。長い間ストレスがあると胃腸の

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477