top of page
検索

脳梗塞のリハビリ

私の亡き父は53歳の時脳梗塞を患い半身不随になりました。7か所が詰まっており医者からはもう寝た切りでしょうと宣告されました。しかし懸命なリハビリと私の治療もあり障害は残りましたが1年半でまた働けるまでになりました。

昔は脳細胞は20歳を超えると減る一方なのが常識で壊れた脳細胞は再生しないのが当たり前でした、今では高齢になっても脳細胞は増えることがわかってきています。脳が実は再生して死滅したニューロンが伸びたり、う回路を作って手足が動くなどだんだんわかってきました。また運動を繰り返すことで反射的にも動くようになるようです。もう本当に当時のリハビリなんて医者があきらめてるから病院で受けても治らないわけです。私は確信がありませんでしたが、とにかく脳や大脳に関わるツボを刺激し続けました。また他動運動で繰り返し拘縮を防ぎ動かせるようにしたらやはり手足が動いてきました。もちろん痛い治療でしたけど本人は痛みや辛さで泣いてたこともありましたが根気よく続けました。1年もせず歩けるようになりお医者さんも不思議そうな顔をしてましたけど、ここまで早く回復するのは珍しいと言われました。その後もN監督などたくさんの脳梗塞の患者さんを治療してきましたが、継続していた方はやはりよくなってきました。またあきらめたりやる気がなくなった方は残念ながら回復しませんでした。今ではリハビリもかなり効率的になりよくなってきましたが、実は本人のやる気が回復を早めるのだと思います。病気は実はそこなんだと思うのです。早く元気に動きたい。この一心があれば脳細胞も活性化するのだと思います。リハビリで一番難しいのは実は本人のやる気なんです。そこを踏まえてもやる気を起こさせる環境や希望が脳を活性して甦るのだと思います。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠と運動習慣

忙しい社会人ですと中々時間が取れずに早朝や夜間にトレーニングをする方が大半だと思います。 まず睡眠の質を考えればアスリートは8時間以上が推奨されてます。社会人アスリートはまずそこでかなり無理なような気もしますね。しかし睡眠中に体内疲労が除去されるのは明白で一流アスリートは軒並み8時間以上寝てる方が多いようです。ちなみに大谷翔平は昼寝を含めて10時間以上寝てるようです。 普通の方でも運動習慣を続けれ

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

Comments


bottom of page