検索

脳梗塞のリハビリ

私の亡き父は53歳の時脳梗塞を患い半身不随になりました。7か所が詰まっており医者からはもう寝た切りでしょうと宣告されました。しかし懸命なリハビリと私の治療もあり障害は残りましたが1年半でまた働けるまでになりました。

昔は脳細胞は20歳を超えると減る一方なのが常識で壊れた脳細胞は再生しないのが当たり前でした、今では高齢になっても脳細胞は増えることがわかってきています。脳が実は再生して死滅したニューロンが伸びたり、う回路を作って手足が動くなどだんだんわかってきました。また運動を繰り返すことで反射的にも動くようになるようです。もう本当に当時のリハビリなんて医者があきらめてるから病院で受けても治らないわけです。私は確信がありませんでしたが、とにかく脳や大脳に関わるツボを刺激し続けました。また他動運動で繰り返し拘縮を防ぎ動かせるようにしたらやはり手足が動いてきました。もちろん痛い治療でしたけど本人は痛みや辛さで泣いてたこともありましたが根気よく続けました。1年もせず歩けるようになりお医者さんも不思議そうな顔をしてましたけど、ここまで早く回復するのは珍しいと言われました。その後もN監督などたくさんの脳梗塞の患者さんを治療してきましたが、継続していた方はやはりよくなってきました。またあきらめたりやる気がなくなった方は残念ながら回復しませんでした。今ではリハビリもかなり効率的になりよくなってきましたが、実は本人のやる気が回復を早めるのだと思います。病気は実はそこなんだと思うのです。早く元気に動きたい。この一心があれば脳細胞も活性化するのだと思います。リハビリで一番難しいのは実は本人のやる気なんです。そこを踏まえてもやる気を起こさせる環境や希望が脳を活性して甦るのだと思います。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

運動や仕事後に疲れも溜まります。もちろんその後ゆっくり過ごせば人間は基本回復するものです。動物も基本狩りをしているとき以外は結構ダラダラしてることが多いですよね。 しかし人間はそうはいきません。仕事が終わったら自宅では家事育児。運動も朝など習慣化していてもその後仕事に向かわなければいけません。 そうそうのんびりできる環境などないですよね。 そうなると早めに疲れをとるのでしたら回復力は早くする習慣も

最近寒さが厳しく朝晩は東京でも気温が低い日が続きます。最近患者さんの傾向ですが浮腫が気になる方が増えてきました。いわゆる立ち仕事や一日着座の仕事で浮腫む方も多いのですがもう昼ぐらいから浮腫んだり、朝起きたら浮腫んでいたりと色々です。浮腫は腎臓病や膠原病、心臓病なども隠れている場合があるので浮腫みが長く続く場合は医療機関へ行くことをおすすめします。それ以外ではやはり寒さや冷えが原因の方が多いようです

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが