検索

腸脛靱帯炎

ウオーキングを楽しんでいた中年の方がどうも膝が痛いというので診てみますとどうも膝より外側上部いわゆる腸脛靭帯炎のようです。オーバーユースが原因ですが案外膝痛と勘違いする方も多いようです。特にO脚でもないのですが長い距離を歩いたことによる痛みのようでした。湿布は貼っていたが歩いていくと痛みがぶり返すようです。身体を治療しながら診ると患側の大殿筋と中殿筋が弱い。片足立ちがやりにくい。とにかく長く歩くことはせず中殿筋と大殿筋の強化してもらいました。自宅でストレッチより歩いた後の軽い大腿筋膜張筋のマッサージもやってもらいました。大腿筋膜張筋は可動的にストレッチより臀部の強化のほうが良いと思います。殿筋が弱いと大腿筋膜張筋に負担がいくからです。2週間後ほどあまり歩かず筋トレと軽いマッサージをしていたらほとんどよくなったようです。若い方でもマラソンや自転車で痛める方が多いのですがやはりオーバーユースが原因の方が多いです。筋肉痛と違って靱帯の炎症は治りが遅いので関節周りが痛い場合は無理せず休むことも必要ですし運動するならケアも必要ですね。

41回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

足のトラブル

先日いらした膝痛の患者さんですがよくよく身体を診ていくと足の外反母趾が相当ひどい状態でした。もちろん膝の痛みが出ているのでX脚気味ではありますがどうも外反母趾を何とかしないと歩行に問題も出ています。もはや骨の変形がすすんでしまっていますが足のマッサージと指圧をするとアーチが戻り若干親指も開くようになりました。今後は自宅でもマッサージと足の指の筋トレとストレッチを指導して毎日やってもらうことにしまし

力の入れ方抜き方

最近は筋トレブームでトレーニングに励む方も多くいらっしゃいます。力を入れることはとても意識しやすく筋肉も増えていくのでとても満足感があります。 ところがいざ色々なスポーツの場面では力を入れる、力を抜くの連続です。思うに一流アスリートはパワーもありますが力の抜き方も熟知している天才なのではないでしょうか。 マッサージや指圧でもたまにいらっしゃるのですが力を抜いてくださいと言っても余計に硬くなる方もい

内臓脂肪型肥満

最近電車に乗ると以前に比べて通勤電車で小太りの男性が増えたような気がします。 やはりコロナ中で運動不足や食事の乱れがあり肥満体になる方が 増えているようです。現実にもコロナ最中にテレワークや運動不足などで太った方が増えたとのデータがありました。 その中でも内臓脂肪はあまりよくありません。内臓周辺に蓄積する脂肪は 代謝が盛んで血中脂質濃度を高めてしまいます。インスリン抵抗性も悪くなり 脂質異常や糖尿