検索

腹部の指圧、マッサージ

私の治療の時必ず治療するのがお腹の指圧やマッサージです。患者さんからは今日は腰がとか膝が痛いなどの疾患であっても必ずお腹の治療をします。

まず私の治療でいう東洋医学的側面の腹診。鍼灸でも手の脈を診る脈診は有名ですがお腹にも腹大動脈があり脈を感じ取れるのです。その他お腹には重要臓器が集まっているので体の状態を見るためにも大変重要です。また筋肉的アプローチで見ても実は体幹部の筋肉をほぐす上でも実はとても重要です。体幹部も背中の筋肉だけほぐす方が多いですが、前面のお腹側の筋肉も緩めてあげないと体幹部分のバランスの面でもよくはありません。また腹大動脈を刺激するだけでも副交感神経が刺激され身体がリラックスします。胃や腸の動きも副交感神経優位ではないとなかなか動かないのです。自転車競技などスポーツ競技をやっている方も実は重要で筋、関節系的アプローチのみになりがちですがレース前の緊張やトレーニングが過酷なうえでの疲労などで内臓系の疲れが取れずパフォーマンスをとても落としている方も多くみられます。病気の方もまずはお腹を診るのも診断即治療効果があるからなのです。定期的に通っている患者さんですと腹診ですぐに調子が悪いことがわかるくらいです。体調がすぐれない方は大体が内臓系が疲労してることが多いです。特に12月は暴飲暴食で内臓系が疲れていて疲労が取れない方も多いようですね。皆様も年末の内臓疲れにご注意ください。

39回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています