検索

腹部の指圧、マッサージ

私の治療の時必ず治療するのがお腹の指圧やマッサージです。患者さんからは今日は腰がとか膝が痛いなどの疾患であっても必ずお腹の治療をします。

まず私の治療でいう東洋医学的側面の腹診。鍼灸でも手の脈を診る脈診は有名ですがお腹にも腹大動脈があり脈を感じ取れるのです。その他お腹には重要臓器が集まっているので体の状態を見るためにも大変重要です。また筋肉的アプローチで見ても実は体幹部の筋肉をほぐす上でも実はとても重要です。体幹部も背中の筋肉だけほぐす方が多いですが、前面のお腹側の筋肉も緩めてあげないと体幹部分のバランスの面でもよくはありません。また腹大動脈を刺激するだけでも副交感神経が刺激され身体がリラックスします。胃や腸の動きも副交感神経優位ではないとなかなか動かないのです。自転車競技などスポーツ競技をやっている方も実は重要で筋、関節系的アプローチのみになりがちですがレース前の緊張やトレーニングが過酷なうえでの疲労などで内臓系の疲れが取れずパフォーマンスをとても落としている方も多くみられます。病気の方もまずはお腹を診るのも診断即治療効果があるからなのです。定期的に通っている患者さんですと腹診ですぐに調子が悪いことがわかるくらいです。体調がすぐれない方は大体が内臓系が疲労してることが多いです。特に12月は暴飲暴食で内臓系が疲れていて疲労が取れない方も多いようですね。皆様も年末の内臓疲れにご注意ください。

39回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

足のトラブル

先日いらした膝痛の患者さんですがよくよく身体を診ていくと足の外反母趾が相当ひどい状態でした。もちろん膝の痛みが出ているのでX脚気味ではありますがどうも外反母趾を何とかしないと歩行に問題も出ています。もはや骨の変形がすすんでしまっていますが足のマッサージと指圧をするとアーチが戻り若干親指も開くようになりました。今後は自宅でもマッサージと足の指の筋トレとストレッチを指導して毎日やってもらうことにしまし

力の入れ方抜き方

最近は筋トレブームでトレーニングに励む方も多くいらっしゃいます。力を入れることはとても意識しやすく筋肉も増えていくのでとても満足感があります。 ところがいざ色々なスポーツの場面では力を入れる、力を抜くの連続です。思うに一流アスリートはパワーもありますが力の抜き方も熟知している天才なのではないでしょうか。 マッサージや指圧でもたまにいらっしゃるのですが力を抜いてくださいと言っても余計に硬くなる方もい

内臓脂肪型肥満

最近電車に乗ると以前に比べて通勤電車で小太りの男性が増えたような気がします。 やはりコロナ中で運動不足や食事の乱れがあり肥満体になる方が 増えているようです。現実にもコロナ最中にテレワークや運動不足などで太った方が増えたとのデータがありました。 その中でも内臓脂肪はあまりよくありません。内臓周辺に蓄積する脂肪は 代謝が盛んで血中脂質濃度を高めてしまいます。インスリン抵抗性も悪くなり 脂質異常や糖尿