検索

自粛明けの体調管理

ようやく6月に入り自粛解除がされましてようやく日常を取り戻しつつあります。

しかしこの自粛期間中で生活のリズムが崩れてしまった方も多いようです。慣れないテレワークで運動不足になったり、自宅に籠りがちで外に出ず自律神経がやられてしまったり、はたまた長期間自宅待機のため食生活が乱れて食べすぎ飲みすぎになったりと色々耳にします。

本来人間は季節の四季や気温昼や夜自然のリズムにより体調を維持しています。日が出たら起きて活動し日が暮れて夜になったら寝る。通常の勤労者の大半はそのようにリズムにより生活しています。交感神経を昼刺激して夜は身体を休めるため副交感神経をゆういにします。しかしこのコロナ自粛で家庭にいる時間が長く朝は遅くまで寝ていたり夜は遅くまで起きて深酒したり、ついつい起きていれば夜中でも色々食べてしまい気が付いたら体重が...などいつもの生活リズムから逸脱してしまった方が多いようです。

この生活に慣れた後にさあ自粛明けだと動き出したら腰が痛くなったり、頭痛がしたり、やる気がなく身体が重だるかったり不調が出てきてるようです。

やはり早く生活リズムを治すには早寝早起き。朝起きたら散歩や体操など身体を動かす三食なるべく時間通りに食べる。当たり前のことですが中々実行して元に戻るのは時間もかかりますが地道にこれをお勧めいたします。また休日も同じようにするのが良いと思います。体調がすぐれない時はもちろん身体が固まっているので指圧マッサージを受けたり朝晩入浴をしてきちんと身体を休めるのも必要です。それで身体に余裕が出来たら運動や気分転換の外出もしていきましょう。



67回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

重心位置

普段私は自転車によく乗っています。あとは通勤もしているので一日8000歩から1万歩ほど歩いています。自転車やランニング歩行も山登りなど。動きにより使う筋群や重心位置も変わると思います。そもそも動物は4つ足なので二足歩行の人間のほうが動物的には珍しいのかもしれません。面白いことに4つ足歩行の動物の重心位置は人間でいえば胸のあたりで前足のほうが強く四つ足でも二足歩行が可能なサルなどは鳩尾あたりになり完

マインドフルネスと禅

昨今マインドフルネスという言葉を盛んに見かけると思います。 要約すれば瞑想ですが医療心理学的にはジョンガバットジンが心理学の集点化理論と組み合わせて臨床的に体系化したもので心をリラックスしたりストレスを緩和したり思考を制御したりするものと言われています。日本人から見れば心理学的治療に見えますが実は東洋思想仏教の禅から由来されてると言われています。 私は幼少から父の影響で坐禅を組むことをよくしていま

胃腸障害

ここ最近胃腸障害の患者さんが多いようです。 やはり自粛生活による運動不足やストレスなどで胃腸の調子が悪い方がいます。 胃もたれや食後の胸焼け、お腹の膨満感など人により様々ですが 長く続く場合は病院での検査を勧めています。 食べ過ぎ飲みすぎなら解るのですがどうも自宅に長くこもっていたり 普段の生活がなかなか思うようにいかないようなストレスを抱えている方が ほとんどでした。長い間ストレスがあると胃腸の

​© 2019ZENshiatsu居士会安陪治療院

東京都港区麻布十番1-5-12麻布永谷マンション1103

​TEL03-3423-4477