検索

自粛明けの体調管理

ようやく6月に入り自粛解除がされましてようやく日常を取り戻しつつあります。

しかしこの自粛期間中で生活のリズムが崩れてしまった方も多いようです。慣れないテレワークで運動不足になったり、自宅に籠りがちで外に出ず自律神経がやられてしまったり、はたまた長期間自宅待機のため食生活が乱れて食べすぎ飲みすぎになったりと色々耳にします。

本来人間は季節の四季や気温昼や夜自然のリズムにより体調を維持しています。日が出たら起きて活動し日が暮れて夜になったら寝る。通常の勤労者の大半はそのようにリズムにより生活しています。交感神経を昼刺激して夜は身体を休めるため副交感神経をゆういにします。しかしこのコロナ自粛で家庭にいる時間が長く朝は遅くまで寝ていたり夜は遅くまで起きて深酒したり、ついつい起きていれば夜中でも色々食べてしまい気が付いたら体重が...などいつもの生活リズムから逸脱してしまった方が多いようです。

この生活に慣れた後にさあ自粛明けだと動き出したら腰が痛くなったり、頭痛がしたり、やる気がなく身体が重だるかったり不調が出てきてるようです。

やはり早く生活リズムを治すには早寝早起き。朝起きたら散歩や体操など身体を動かす三食なるべく時間通りに食べる。当たり前のことですが中々実行して元に戻るのは時間もかかりますが地道にこれをお勧めいたします。また休日も同じようにするのが良いと思います。体調がすぐれない時はもちろん身体が固まっているので指圧マッサージを受けたり朝晩入浴をしてきちんと身体を休めるのも必要です。それで身体に余裕が出来たら運動や気分転換の外出もしていきましょう。



68回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

冬場の関節痛

あけましておめでとうございます。年が明ける前から今年はとても寒さが厳しいと思います。真冬でもスポーツをする方はランニングやサイクリングと動き回っていますね。しかし冬の運動でついつい軽視してしまうのが関節痛です。元々高齢者や怪我の後遺症の方などは冬場に痛むのですが、健常者でも膝や腰など痛めてしまう方もこの時期はとても多いです。例えば寒い日にいきなり走り始めて最初はなんなく軋む感じで違和感があったのが

足関節の柔軟性

マラソンブームが続いていますが健康のためであっても中高年の方は膝や足首など痛めてしまうことも多いようです。私も箱根駅伝の強豪校の方達も施術してきましたがやはり若くても故障と無縁の方は少ない印象でした。 さて足関節を痛める方も多いのですが距骨と踵骨がきちんと動くのが良いとされてます。 1距骨 距骨が正しく動くにはアキレス腱やその周りの筋組織が柔軟でないと足関節の硬さや詰まりの原因となります。 2踵骨

季節による体調不良

11月に入り寒くなると思いきや暖かい日が続きます。私も数日前に秋花粉にやられましたが季節の変わり目は結構体調が崩れやすいものです。 気温が上下しやすいこの時期は疲労などが出やすい時期です。そのまま体長不良になる方も多いので気を付けなければいけません。もともと人は自律神経により体の恒常性で体温調整やストレスや体の機能を調整しています。日本には四季がありますから季節により自然と体が調整してくれています