top of page
検索

自転車と膝の痛み

以前腰痛については詳しく書いたので、

今回はに腰痛に次ぐ膝痛について書きたいと思います。

実を言えば私の周りのサイクリストはベテランが多いのであまり膝痛になる方がいません。

どちらかといえば初、中級者の方々に多い症状だと思います。

それはもう個別に痛み箇所が違うので多い症状を紹介します。


① 膝上 お皿の真上

大腿直筋(四頭筋)これはもうペダリングやポジションの問題もありますが、大抵前腿で踏みすぎです。トラック競技ならわかるのですがロードバイクで数十キロ走るだけで痛むのはポジションやペダリング要改善プラス痛めてしまったら清く治るまで待ちましょう。週末だけ乗るライダーであれば痛みは治まりますが毎回痛くなるのは要改善です。


② 膝の横外側

腸脛靭帯、大腿筋膜張筋 

こちらも元々ランニングやサッカーでも多い症状です。こちらを痛める方は若干O脚気味の方やロングライドで使いすぎの方。ここはペダルを漕げばテンションは常にかかっているのでそこまで大きな力はかからないのですが腸脛靭帯の上部大腿筋膜張筋が発達して緊張が強いと痛くなる方も多いようです。オーバーユースならストレッチやマッサージ、O脚気味ならこれもポジションやクリート調整で解決する方もいます。私のお勧めは姿見の前でローラーをして膝の軌道をまっすぐ漕げるように見ることです。ミラー効果で自分で修正できることもあります。


③ 膝下 お皿の下

膝蓋靭帯、膝蓋下脂肪体

これはベテランライダーでも見られることがあります。特に冬の寒い時期に痛める方も多いです。寒い時期は筋肉より靭帯を痛めやすいので注意が必要です。ウォームアップや寒いときにあまり急にガツガツ踏まないことなど。膝蓋下脂肪体も案外多くここは神経が多く反復運動をするペダリングで炎症刺激してしまうかたもいるようです。軟骨や半月板に異常がないのに痛む人はこれかもしれません。あまり年齢に関係なく多いようです。


私の診てきた自転車の患者さんではあまり膝裏の痛みを訴える方はいませんでした。

大抵膝前面の痛みが多いのは確かです。膝痛は膝だけでなく足関節や股関節の問題を抱えてる方もいるのでケースバイケースになる方も多いです。対処法は色々ありますが、まずは痛いのに無理して乗らないこと、改善方法を試しながら徐々に治すのがよいと思います。また私の治療院でもご相談にも乗ります。

#ロードバイク

#膝痛

#自転車

予約サイトはこちら⇊


閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠と運動習慣

忙しい社会人ですと中々時間が取れずに早朝や夜間にトレーニングをする方が大半だと思います。 まず睡眠の質を考えればアスリートは8時間以上が推奨されてます。社会人アスリートはまずそこでかなり無理なような気もしますね。しかし睡眠中に体内疲労が除去されるのは明白で一流アスリートは軒並み8時間以上寝てる方が多いようです。ちなみに大谷翔平は昼寝を含めて10時間以上寝てるようです。 普通の方でも運動習慣を続けれ

自転車と腰痛

自転車に乗ると腰痛が発生する方が多いのは事実です。 でも考えてみてください一日の大半を自転車の上で過ごすプロレーサーや競技上級者ならわかるのですが普通のサイクリストが週末自転車に乗って腰痛を発生するのは大抵は日常の生活の上で腰を酷使して、そこに輪をかけて自転車乗車の座位ポジションでも座り続ければ疲労がたまりそれが腰痛の元になっている方を多くみられます。 日常の座り仕事や激務など疲れた体で週末など乗

Comments


bottom of page