検索

自転車と膝の痛み

以前腰痛については詳しく書いたので、

今回はに腰痛に次ぐ膝痛について書きたいと思います。

実を言えば私の周りのサイクリストはベテランが多いのであまり膝痛になる方がいません。

どちらかといえば初、中級者の方々に多い症状だと思います。

それはもう個別に痛み箇所が違うので多い症状を紹介します。


① 膝上 お皿の真上

大腿直筋(四頭筋)これはもうペダリングやポジションの問題もありますが、大抵前腿で踏みすぎです。トラック競技ならわかるのですがロードバイクで数十キロ走るだけで痛むのはポジションやペダリング要改善プラス痛めてしまったら清く治るまで待ちましょう。週末だけ乗るライダーであれば痛みは治まりますが毎回痛くなるのは要改善です。


② 膝の横外側

腸脛靭帯、大腿筋膜張筋 

こちらも元々ランニングやサッカーでも多い症状です。こちらを痛める方は若干O脚気味の方やロングライドで使いすぎの方。ここはペダルを漕げばテンションは常にかかっているのでそこまで大きな力はかからないのですが腸脛靭帯の上部大腿筋膜張筋が発達して緊張が強いと痛くなる方も多いようです。オーバーユースならストレッチやマッサージ、O脚気味ならこれもポジションやクリート調整で解決する方もいます。私のお勧めは姿見の前でローラーをして膝の軌道をまっすぐ漕げるように見ることです。ミラー効果で自分で修正できることもあります。


③ 膝下 お皿の下

膝蓋靭帯、膝蓋下脂肪体

これはベテランライダーでも見られることがあります。特に冬の寒い時期に痛める方も多いです。寒い時期は筋肉より靭帯を痛めやすいので注意が必要です。ウォームアップや寒いときにあまり急にガツガツ踏まないことなど。膝蓋下脂肪体も案外多くここは神経が多く反復運動をするペダリングで炎症刺激してしまうかたもいるようです。軟骨や半月板に異常がないのに痛む人はこれかもしれません。あまり年齢に関係なく多いようです。


私の診てきた自転車の患者さんではあまり膝裏の痛みを訴える方はいませんでした。

大抵膝前面の痛みが多いのは確かです。膝痛は膝だけでなく足関節や股関節の問題を抱えてる方もいるのでケースバイケースになる方も多いです。対処法は色々ありますが、まずは痛いのに無理して乗らないこと、改善方法を試しながら徐々に治すのがよいと思います。また私の治療院でもご相談にも乗ります。

56回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ロードバイクとヘルニア

自転車シーズン真っ盛りですが暑さにもにも負けずに自転車を楽しんでいる方々も多いと思います。 最近はコロナの影響もあり自転車が安心できる屋外スポーツとしても人気になってますね。 さて乗りなれてきたり競技としてトレーニングをしてくると自転車に乗ると腰痛が起きるという方が増えています。その中でも重症なのが椎間板ヘルニアです。 症状的には初期は腰が痛い程度がしばらくすると臀部に痛みがきたり足のほうまで痛み

怪我をする前に

自転車に限らずスポーツに怪我はつきものです。競技系のスポーツをしていれば怪我に悩まされる方の多いこと。アクシデント系の怪我なら治療やリハビリで実質休まなければいけませんが、通常の練習やトレーニングなどで痛める方も多いと思います。スポーツとして楽しんでいる方でも怪我は多いのですが大抵無理をしたりトレーニング不足やケア不足などがあります。トレーニングも楽しんでくると徐々に負荷が上がります。目に見えるよ

自粛疲れ

GWも終わり日常生活も戻りつつあります。しかし連休前から東京では緊急事態宣言が出されせっかくのお休みも自宅近辺で過ごすはめになった方も多いと思います。 さすがにもう一年以上もこの状態が続いていて、何か対策もないまま自粛自粛と精神的に疲れてしまっている方も多いようです。 働いている世代はテレワークが定着し運動不足の方が治療院によくみえるようになりました。 あとは高齢者ですが真面目な方は家からほとんど