検索

自転車トレーニング

まず私は、仕事、家庭があるので皆さんもそうでしょうがトレーニングに費やす時間が限られます。ではどうするか?日本のホビーレースを見ているとまず長距離レースはツールド沖縄くらいであとはほとんどが100キロ以内の短いレースです。そこで考えました。距離は乗らないことに。距離を乗ると時間も費やすし、100キロを超える距離を走ると身体の回復にも時間がかかる事がよくわかります。

特に私のように40も半ばの年になると練習量より回復時間に時間をかけないと日常生活に支障をきたします。私のシーズンインではまず平日は朝練2日(平均1時間前後)、あとは日曜日100キロ以内というのが平均的なトレーニングの日にちです。ですので週末距離を乗らなければ月500キロ前後しか乗っていません。では内容はというと強度を重視です。体調により常に心拍、筋強度を出来るだけギリギリまでやります。体調の悪い時は乗らないか、もしくは回すだけになります。このあたりは長く自転車を乗っていて調子の悪いバイオリズムに入ると強度を上げても上げられないし、疲労が溜まるだけなのです。常に自分の身体の好不調を見極めるすべを持つことだと思います。あと環境も重要です。朝練仲間がいる事はもちろんですし、私の自宅近辺は山坂が豊富なので自然と強度が上がります。後自分より強い人やライバルがいる事はとてもモチベーションを維持するのには重要です。またMTBやシクロクロスなどロードバイク以外にもスキルやトレーニングに取り入れるのもとてもためになります。まずなんでも楽しむのも重要ですよね。私は長い自転車生活(25年)で落車以外で大きな故障をしたことがありません。職業柄ですが身体のメンテナンスには人一倍気を使っています。ある意味最新機材を取り揃えるよりマッサージや治療で疲労を取ることの方が断然速くなると思います。もちろん趣味ですので機材に凝るのも楽しいですし重要です。エンジンや脚は自分ですので自分の身体に投資をした方が何倍も得るものがあると思います。また怪我や故障をしてしまうと乗れなくなる時間やモチベーションの低下にも繋がります。回復には個人差もありますが、特に筋疲労は48時間近かくしないと超回復しませんし、疲れた身体でトレーニングしても余計に疲労が溜まるだけで楽しくも身体にもよくありません。食事も重要な要素です。トレーニングしてもバランスの良い食事なくしては回復も遅くなります。私は今年で43歳になりますが、18歳の時から体重、身長はほとんど変わりません、タニタの体組成計でも17歳です。肉体を20代に維持するのは食事と運動のバランスが重要なのだと思います。トレーニング、睡眠、食事、回復、このバランスがよいこと、あとは自分の身体の状態を常に把握することもとても重要なのだと思います。辛いことも楽しみながらやりたいですね。


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ロードバイクとヘルニア

自転車シーズン真っ盛りですが暑さにもにも負けずに自転車を楽しんでいる方々も多いと思います。 最近はコロナの影響もあり自転車が安心できる屋外スポーツとしても人気になってますね。 さて乗りなれてきたり競技としてトレーニングをしてくると自転車に乗ると腰痛が起きるという方が増えています。その中でも重症なのが椎間板ヘルニアです。 症状的には初期は腰が痛い程度がしばらくすると臀部に痛みがきたり足のほうまで痛み

自転車と膝の痛み

以前腰痛については詳しく書いたので、 今回はに腰痛に次ぐ膝痛について書きたいと思います。 実を言えば私の周りのサイクリストはベテランが多いのであまり膝痛になる方がいません。 どちらかといえば初、中級者の方々に多い症状だと思います。 それはもう個別に痛み箇所が違うので多い症状を紹介します。 ① 膝上 お皿の真上 大腿直筋(四頭筋)これはもうペダリングやポジションの問題もありますが、大抵前腿で踏みすぎ

怪我をする前に

自転車に限らずスポーツに怪我はつきものです。競技系のスポーツをしていれば怪我に悩まされる方の多いこと。アクシデント系の怪我なら治療やリハビリで実質休まなければいけませんが、通常の練習やトレーニングなどで痛める方も多いと思います。スポーツとして楽しんでいる方でも怪我は多いのですが大抵無理をしたりトレーニング不足やケア不足などがあります。トレーニングも楽しんでくると徐々に負荷が上がります。目に見えるよ