検索

自転車トレーニング

まず私は、仕事、家庭があるので皆さんもそうでしょうがトレーニングに費やす時間が限られます。ではどうするか?日本のホビーレースを見ているとまず長距離レースはツールド沖縄くらいであとはほとんどが100キロ以内の短いレースです。そこで考えました。距離は乗らないことに。距離を乗ると時間も費やすし、100キロを超える距離を走ると身体の回復にも時間がかかる事がよくわかります。

特に私のように40も半ばの年になると練習量より回復時間に時間をかけないと日常生活に支障をきたします。私のシーズンインではまず平日は朝練2日(平均1時間前後)、あとは日曜日100キロ以内というのが平均的なトレーニングの日にちです。ですので週末距離を乗らなければ月500キロ前後しか乗っていません。では内容はというと強度を重視です。体調により常に心拍、筋強度を出来るだけギリギリまでやります。体調の悪い時は乗らないか、もしくは回すだけになります。このあたりは長く自転車を乗っていて調子の悪いバイオリズムに入ると強度を上げても上げられないし、疲労が溜まるだけなのです。常に自分の身体の好不調を見極めるすべを持つことだと思います。あと環境も重要です。朝練仲間がいる事はもちろんですし、私の自宅近辺は山坂が豊富なので自然と強度が上がります。後自分より強い人やライバルがいる事はとてもモチベーションを維持するのには重要です。またMTBやシクロクロスなどロードバイク以外にもスキルやトレーニングに取り入れるのもとてもためになります。まずなんでも楽しむのも重要ですよね。私は長い自転車生活(25年)で落車以外で大きな故障をしたことがありません。職業柄ですが身体のメンテナンスには人一倍気を使っています。ある意味最新機材を取り揃えるよりマッサージや治療で疲労を取ることの方が断然速くなると思います。もちろん趣味ですので機材に凝るのも楽しいですし重要です。エンジンや脚は自分ですので自分の身体に投資をした方が何倍も得るものがあると思います。また怪我や故障をしてしまうと乗れなくなる時間やモチベーションの低下にも繋がります。回復には個人差もありますが、特に筋疲労は48時間近かくしないと超回復しませんし、疲れた身体でトレーニングしても余計に疲労が溜まるだけで楽しくも身体にもよくありません。食事も重要な要素です。トレーニングしてもバランスの良い食事なくしては回復も遅くなります。私は今年で43歳になりますが、18歳の時から体重、身長はほとんど変わりません、タニタの体組成計でも17歳です。肉体を20代に維持するのは食事と運動のバランスが重要なのだと思います。トレーニング、睡眠、食事、回復、このバランスがよいこと、あとは自分の身体の状態を常に把握することもとても重要なのだと思います。辛いことも楽しみながらやりたいですね。


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

寒さと腰痛

10月に入り朝晩の寒さが本格的になってきました。今年は寒くなるのが早いようです。 さて寒くなると結構腰痛の患者さんが増えます。 腰痛といってもその原因は様々あるのですが85%の腰痛は非特異性腰痛といって原因不明なのがほとんどです。残りの15%が内蔵の病気、神経の障害、ヘルニアや狭窄症などレントゲンなどで特定できる腰痛です。いうなれば85%の腰痛は筋肉由来か椎間関節や神経痛です。 筋肉由来であればマ

筋肉と関節

皆さんが意識する筋肉は骨格筋と言って体を動かす筋肉はこちらになります。関節と関節をスムースに動かすためです。筋肉にはあと不随異筋と随意筋に分かれます。 骨格筋でも姿勢維持筋は静止していても常に緊張しているので痛みやコリなど感じやすいです。また運動など手足を伸展屈曲する運動が入るとこちらも疲労します。姿勢筋と違い過度になれば筋肉痛になります。大抵エキセントリックの動きが負荷が大きいので筋肉痛にはなり

指圧とマッサージの違い

皆さんもよくマッサージは受ける方が多いのではないでしょうか、本来手技療法である按摩マッサージ指圧は国家資格が必要です。資格を得るには3年学校に通い医療や実技を学びます。その後卒業できた方が国家資格試験を受けるのでまず医療知識や手技も安定的なレベルであるといえます。しかし最近街中では無資格マッサージがほとんどで私から見ても保健衛生上昨今のコロナ関連換気面や衛生面から見ても大丈夫かと思ってしまいます。